え、2900円?[ワークマン] ディアマジックダイレクト 防風防寒ジャンパー レビュー。格安アウターの実力に迫る。

スポンサードリンク

[ワークマン] ディアマジックダイレクト 防風防寒ジャンパー レビュー

 

ワークマンのディアマジックダイレクト 防風防寒ジャンパーのレビューです。サイズはLL、身長166cm、体重65kgが着用しています。

低価格がウリのワークマンですが、その中でも特に安いプライスタグを掲げる、ディアマジックダイレクト 防風防寒ジャンパー。

なんと、税込2,900円ということで、もはやアウターの価格じゃないぞ、コレ。

高水準の耐久撥水
「生地洗濯試験」50回洗濯しても撥水が持続
DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)
三菱商事ファッション(株)が開発した高水準の耐久撥水、汚れが落ちやすい機能を持つ生地を採用
急な雨や雪に対応できるので、屋外作業やアウトドアに最適
※防水生地ではありません。生地の縫い目などから浸水する場合があります。

たったの2,900円ながら、DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)と呼ばれる三菱商事が開発したマテリアルが使用されています。

ただし防水ではなく、耐久撥水ということで、防水を謳うアウターよりも防水性能についてはやや劣るようです。

 

というわけで、激安アウターの実力を試すべく、現場(真冬の相模湖)で着用してみました。

安かろう、悪かろうなのか?それとも、コスパ良のイケてるアウターなのか。チェックしていきましょう!

ディティール

前面部

 

胸部の切り返しが印象的なデザイン。FieldCoreのロゴはリフレクター仕様で、夜間に車のライトなどで反射します。

胸ポケット

 

胸ポケットはスマートフォンが格納できるサイズ感。流石に止水ジップではないものの、容量的な不足感は有りません。

首回り

 

首回りです。中綿の量はかなりしっかりと入っており、暖かいですね。

フード

 

フードです。大きめで、ガバっと帽子の上からかぶれます。

 

また、左右にドローコードが付属しており、絞ることが可能です。

生地感

 

生地感は、肌触りがスベスベで好印象。リップストップ地となっており裂けに強い仕様です。

 

フードはスナップボタンとジップで取り外すことが可能です。

 

やや季節進行しても着用することが出来ますね。

ポケット

 

残念なのは、ポケット。ジップ無しのため、あまり使おうと思えないモノです。

このあたりは値段が反映されてしまっています。事実上、胸ポケットがメインとなります。

内ポケット&ペンホルダー

 

左の前身頃には、内ポケット有り。マジックテープ止め仕様。

 

左上腕部にペンホルダー有り(笑)

インナー

 

インナーは、フリース地仕立てで暖かいですね。

袖口

 

袖口は、マジックテープで絞れる仕様となっています。

フロントジップ

 

フロントジップはYKK製。シングルジップのため、下から開けることが出来ません。微調整が効かず、ここもやや我慢が必要かも。

ジップ部には風よけのフラップがついていますね。

背面

 

背面にもリフレクターが施されています。夜間は安全ですが、釣りやアウトドアについてはあまり必要性が高くないディティールかもしれないですね。

個人的にはリフレクター類無しで、ポケットのジップがついている方がありがたいです。

縫製など

 

重箱の隅をつつくようですが、流石に縫製はところどころややラフな仕上げが散見されます。

とはいえ、2,900円という価格を考慮すると致し方ないところですし、使用時にほつれてくるなどの不具合は有りません。

個体差があるため、しっかりと縫製などをチェックして購入することをお勧めします。

暖かさは文句なし。

 

冬の相模湖、レンタルボートフィッシングで着用したのですが、肝心の防寒性能については文句のないモノでした。

この日のコンディションは、気温は朝一は0度を下回るぐらいで、桟橋はガチガチに凍っていました。しかし、ジャケットを着用している上半身は寒さを感じることは無かったですね。

 

海釣りなどで汚れてしまう時や、キャンプで焚き火をする時など、汚れや匂いがついてしまうようなタイミングで着用する防寒着として秀逸です。

数シーズンで着潰すような感覚であれば、非常にコストパフォーマンスは高いです。

デザイン

惜しむらくは、デザインがあともう2,3歩垢抜けてくれると良いですね。

正直タウンユースだとちょっと…という感覚は有ります。

適材適所で、見た目がどうでも良い時の防寒着としては優れています。

まとめ

以上、ワークマン ディアマジックダイレクト 防風防寒ジャンパーについてでした。

2,900円という衝撃プライスの防寒アウターですが、決して安かろう悪かろうではない仕上がりです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です