スゴかった!!エレキの「踏みっぱなし疲労」対策はコンプレッションウェアが最適な理由。

スポンサードリンク

レンタルボート釣行で、エレキ踏みっぱなしで1日過ごすと気になるのが、足の疲労感。

個人差ありますが、イヤ〜な痺れに襲われていました。

コンプレッションウェアを着用することにより、驚くほど疲れを軽減する事が可能です。

コンプレッション!着圧!

巷で話題の!?コンプレッションウェア。

着用することによって体に圧力をかける、「着圧ウェア」です。

正直、使う前は縁のないアイテムだと思っていました。足のむくみが気になる、女性が履く美容的な側面の強いアイテムだろうなと。

でもメンズ用も普通にあるし、スキンズとかアンダーアーマーとか、「ブランド系コンプレッションウェア」も台頭し、男性が着用する姿が目立っています。

また、レンタルボートフィッシングで着用しているアングラーもちょいちょい見かける感じに。

パフォーマンス向上や疲労軽減効果が謳われていて、ここ数年、じわじわと盛り上がっているジャンルですよね。

という訳で私も導入してみた訳です。

下半身に過酷

 

1日レンタルボートに乗って、立ちっぱなし。さらにエレキを踏み続けなくてはならない。

つまり「下半身に過酷」なのがレンタルボート釣行という訳です。

足に妙な疲労感が残る、という経験をされた事はありませんか?

ハイデッキでも

 

これを少しでも解消する為に、リセストレイ付きのハイデッキを導入し、エレキのペダルをオフセットしています。

 

ENGINEの12ft用ハイデッキを愛用しています。

しかしながら、これでもまだ「ツライチ」状態にはならず、デッキとペダルには若干の段差がある訳です。このちょっとした段差が1日踏み続けていると疲労感を生み出します。

コンプレッションウェアかツライチ化か

そこで、さらなる快適化を求めると、リセストレイを改造してツライチ化するか、コンプレッションウェアを導入してみるか。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です