ワークマン エアシェルジャケット レビュー。さっと羽織れる軽いヤツ。

スポンサードリンク

ワークマン FieldCoreエアシェルジャケット(R-007A)レビュー

 

どうも、ワークマンマニアです。

 

FieldCoreエアシェルジャケット(R-007A)を購入してきたので、レビューしていきたいと思います。164cm、57kgで3Lサイズ着用。

概要としては、ポケッタブルに収納できる「超薄手のハードシェル」です。耐水圧などは本格的なレインジャケットに比べて少し劣りますが、可搬性を最重視したジャケットだと考えてOK。

 

耐水圧は2000mm、透湿度は3000g/㎡/24hの表記で、ナイロン100%生地となります。

お値段は税込2,900円。

先日ご紹介した、DIALIGHT 2.5レイヤー レインジャケットの耐水圧が10,000mmでしたので、数値上の耐水圧は劣る印象です。

しかし軽さや仕舞寸法はこちらが優れています。

 

梅雨時期のムシムシした気候などで活躍してくれるジャケットで、半袖の上から着用するようなイメージだと思います。

釣りをしていて、「なんか肌寒いなあ、だけどシェルジャケットを着るほどじゃないんだよなあ」って時に丁度いいヤツですな。

SPEC

製品名 FieldCore エアシェルジャケット(R-007R)
耐水圧 3,000mm
透湿度 3,000g
素材 ナイロン100%
ウレタン透湿コーティング
SIZE 3L
カラー ブラック  
価格 2,900円

ディティール

前身頃

 

軽量設計のためか、余計なモノが一切付いていない前身頃。シンプルで非常に好みです。

後ろ身頃

 

後ろ身頃は、前身頃と同様のレングス。前身頃と同様にシンプルなデザインです。

マテリアル

 

マテリアルは、ドットのような処理がされています。この生地感によって、遠目からみた時に立体感があって「高見え」すると思います。

派手すぎず、シンプルすぎずいい塩梅ですね。

フード

 

フードも最低限で、やや小さめですが、ギリギリ帽子の上から被ることも可能。

ドローコードで絞れる仕様。

フードの左側にブランドロゴが表記されています。ロゴはここの1カ所のみで、リフレクター仕様のロゴです。シンプルでイイですね。

首回り

 

首回りは、アゴのあたりまで覆うことが可能です。いわゆる「チンガード」的なレングス。

 

さらに、ファスナーを締め切ったところにフラップ付きで、ファスナーが口に当たる不快感を軽減。

浸水も防いでくれます。

止水ジップ(YKK製)

 

YKK製の撥水ジップ。他のワークマンのジャケットはCMZ(中国のブランド)製であることが多いのですが、これは嬉しいYKK製。

止水ジップにありがちな動作の固さが少なく、滑らかな作動感。長めの紐も操作しやすいですね。

 

防水、防風のためのフラップも付いています。

裏地

 

裏地はツルンとした表情。 半袖で着用してもべたつきなどが少なく、快適な印象です。

縫い目にシームテープ

 

しっかりと縫い目にシームテープが張り巡らされていますね。絶対的な耐水性能は高くないものの、小雨程度であればしっかりとガードしてくれます。

安いからといって手抜きはナシですね。

ポケット

 

ポケットはスマートフォンが格納できる十分なサイズ。さらに止水ジップ仕様で、雨の日に非常に実用的なものとなっています。

こちらは表記がないので、YKK製かどうかは不明。

左ポケットに収納可能

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です