夏~秋時期のバス釣りを快適に過ごす!アークテリクス ノディンジャケット

スポンサードリンク

気難しい秋バス君の攻略。

季節の変わり目、何を着ていくかもまた、難しい時期です。

そんな微妙な時期に快適に過ごすために、軽いソフトシェルジャケットが有ると便利です。

アークテリクス ノディンジャケット

ちょうど今時期(9月~10月)くらい、日中暖かく、明け方は肌寒いこの時期、非常に重宝するシェルです。

Tシャツじゃ寒い、かといってハードシェルを着ると暑い。そんな微妙なタイミングで、こういった薄手のブルゾンが一枚あると重宝します。

真夏以外かなりの日数着ることが出来るので、非常に便利です。

素材感

多分このジャケットで一番気になる点は、どんな素材感なの?という点だと思います。「ソフトシェル」ってイメージ付きにくいですよね。

一言で言い表すと、「薄手のウインドブレーカー」のような感じ、という表現がぴったりきます。

とはいうものの、中学生の頃に部活で着ていたような「ウインドブレーカー」とはまたちょっと違う感じですw

もっと上質でさらさら、かつ透湿性にも優れており、蒸れにくい感じの生地感です。かなり薄手ですね。

スコーミッシュフーディー

スコーミッシュフーディーという、ノディンジャケットに極めて似ているジャケットもあります。

値段と重量(155g)は一緒なのでお好みでチョイス。

「ノディン」が今季リリースされた新作なので、「ノディン」にしてみました。

「ノディン」と「スコーミッシュ」の違いは以下のような感じです。

ポケットの数が異なる

違いとしては、ポケットの数が違います。ノディンジャケットは腹部に二つ付いています。スコーミッシュフーディーは胸ポケット一つだけです。

アウターとして着る事が多いと思うので、大きめのポケットが用意されていると便利ですね。

私はポケット大好きwなので、ノディン推しです。

生地が異なる

生地も若干異なります。

ノディンは、Tyono™20デニールシェル素材。

スコーミッシュフーディーは、Tyono™30デニールシェル素材。

「デニール」というのは糸の太さの違いを表します。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です