バス釣りファイト塾。ジャンプバラシ!を防ぐ方法。

スポンサードリンク

バス釣りって、バイト数少ないですよね。

せっかく得られたバイトはモノにしたいところ。とはいえ、ジャンプされてポロり、なんてことが多々あると思います。

そこで、ジャンプバレを防ぐためのファイト方法を考察します。

バスの首振りジャンプ

 

ブラックバスのファイト時、首を振りながら猛烈ジャンプ!をされた経験は、バスアングラーなら誰しもあるもの。

ジャンプを含めたファイト攻略は、ブラックバス釣りの醍醐味のひとつであります。

 

しかし、これでポロリとルアーが外れて、バラすことがめっちゃ多いですよね。

フッキングが甘いとか、そういう理由もあるとは思いますが..対策方法は無いのでしょうか。

ロッドを下げて、ジャンプ自体を防ぐ

ずっと私が信じてやまなかったジャンプ対策が、ロッドティップを水中に突っ込んで、ジャンプ自体を防ぐというやり方です。下方向に引っ張る感じですね。

それなりに、ジャンプを防ぐことが出来ますし、これでバラシを少しぐらいは減らせたんじゃないか、と思っています。

 

ただし、ある程度の大きさまでのバスは、これでジャンプを防ぐことが出来るのですが、40ぐらいを超えてくると、ちょっと無理があります。

また、遠くで掛けた場合、効力を発揮しにくい。

 

そして、ジャンプしてしまったときに、ラインテンションが抜けやすいという最大の欠点があります。

鬼のリーリングでラインテンションを緩めない

という訳で、ロッドティップを水中に突っ込む技は、完ぺきではありません。

なので、ほかに有効な方法がないだろうかと模索しているとき、Twitterでどなたかがつぶやかれていた方法が気になりました。

 

それは、ジャンプした際にもロッドは立てたまま、鬼のゴリ巻きでラインテンションをガッツリかければ、ほとんどバレない。というもの。

ジャンプ自体は許容する、というテクニックなので、やや勇気が必要ですが、これを実践してみることにしました。

確かに、バレにくい

正直言って、動画で検証したほうが良いネタですよね。

文章でいくらバレにくかった、と言ってもなんとでも言えると思います。

 

という訳で、ここはひとつ信じていただくほかなく、非常に苦しい感じではありますが、実際にジャンプ自体は許容する方向で鬼ゴリ巻きで対応してみたところ、確かにバラしが軽減したように感じました。

とはいえ、検証できるほどにバスが釣れていないですがw

ハイギア推奨

当たり前ですが、リールがハイギアで有ることが必須条件となります。

ジャンプしている最中の強烈な首振りに対して、一切のラインテンションの緩みを許容しない為です。

まとめ

以上、ジャンプバレを防ぐ方法でした。

せっかくかけたバスは全部キャッチしたい。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です