ダウンショットリグによるサイトフィッシング。5つのメリット

スポンサードリンク

サイトフィッシングに使うリグに、ダウンショットリグを取り入れてみました。

やりそうでやらなかったメソッドです。

最強だと思っていたノーシンカーには出来ないアプローチが可能でした。

ダウンショットリグによるサイトフィッシング

 

サイトフィッシングをやるとき、どんなルアー(リグ)を使いますか?

私が良く使うのは、ノーシンカーのストレートワーム(スワンプ、マックスセントD-Worm)や、小型シャッド系のワーム(ラストエースなど)です。

しかしスレッからしの見えバス君たちは、これらワームですら反応が薄かったり、ルアーを見ただけで逃げたりと、新たなる一手が求められているような状況です。

そこで、ダウンショットリグでのサイトフィッシングを実践してみる事にしました。

極小サイズを送り込める

 

ダウンショットリグによるサイトで大きなメリットの一つは、1~2インチ程度の極小サイズのワームが使える事です。

どうにも喰わないとき、極限まで小さいワームを使うと、テキメンに効くことがある、というのが率直な感想です。

 

食い気が立っていなくても、これなら食っとこう、と思ったかどうかは知りませんが、限界までダウンサイズ化したワームのみ、違和感なく吸い込んでくれるケースが多々ありました。

しかし、ノーシンカーリグでは、キャスタビリティの都合で、小型化には限界があります。

具体的には、Engine Like1.5inによるダウンショットリグが、非常に好反応を得ることが出来ました。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です