シマノ 17スコーピオンDC。3万円でDC音が楽しめるゾ。

スポンサードリンク

静寂のリザーバーに響き渡る、「ミーン」という電子音はサンデーバサーのあこがれ。

バスフィッシングにまつわる「音」の中でもひときわ印象的なサウンドを奏でる、SHIMANOのDCリール達。

自分でもDC音を響かせたいけど、DCリールの高価な事…

そんなバサーの為に、廉価DCリール、17スコーピオンDCがついにリリースされます。

その存在意義をシェアします。

SHIMANO2017新製品

SHIMANOの2017年の新製品で、注目の機種である、スコーピオンBFSと、スコーピオンDC。

本題である「17スコーピオンDC」の話題に入る前に。

昨日書いた「17スコーピオンBFS」の記事についてちょっと書かせてください。

17スコーピオンBFS

昨日書いた17スコーピオンBFSについての記事。

記事を書きながらいろいろ調べていると…

165gという自重が、SHIMANOのHPでシレっと公表されていることに気が付き、記事を書いている途中でネタが出来ました。

17スコーピオンDC

しかし今回の17スコーピオンDCの記事は、他ブロガーさんの記事で既にシェアされている事柄以外に新しい発見がありませんw

そこでただの焼き直しになってしまわないよう、私なりに17スコーピオンDCは買いかどうかを交えてご紹介したいと思います。

すでに他サイト様でまとめられていますが、基本スペックから。

もうご存知の方は流し読みしていただいて結構ですw

出典:SHIMANO

17スコーピオンDC特徴★

 

ボディは、14スコーピオン200の流用。

スプール径34mmの「100番」サイズで、ラインキャパは14lb-100m。

扱いやすいスタンダードサイズですね★

I-DC5

 

肝心のブレーキユニットは、メタ二ウムDCと同じ、I-DC5を採用。

どうやら、あの、DCリール特有の「ミーン」って音が出る、とのこと。

旧11スコーピオンDCは、DCなのにDC音が出ないという、DCである意義が半分失われている?謎リールでした。(お好きな方、ゴメンナサイ)

今度の17スコーピオンDCは、その点がっかりさせられる事は無さそう。

スプール幅について

今回のスコーピオンDCについて、’スプール幅’に着目すると、残念な点があることをKenDさんがシェアしてくださっています。

DC100のスプール幅が22mm、ベースモデルとなる、スコーピオン200が25mmワイドスプール。

つまり本来25mm幅のスプールが収まるべき場所に、25mmスプールのドラム面を狭めた22mm幅のナロースプールが入っている、とのこと。

無理矢理狭めた分、無駄な重量増につながってしまうらしいです。

さすがの着眼点です。

今回の17スコーピオンDCを購入検討されている方は必見です!

自重は215g

自重は少し重たい、215g。

ベースとなる、14スコーピオン200が、アルミボディ+真鍮ギア仕様で、自重210g。

自重よりも、タフネスさを重視した設計。

そこから+5gですから、DC機構を搭載して、5g増に抑えているのは健闘していると思います。

あれ?メタニウムはもっと増えてるのに。

ちなみに16メタニウムMGLが175gで、15メタニウムDCが190gと、メタニウムは15gの差となっています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です