ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー 充電器の実力。 インプレッション☆

スポンサードリンク

ちょっとニッチな話。

レンタルボート用のバッテリーは、AC デルコVoyager M27MFを使用するのが一般的です。

ボート釣行が終わったら、毎回家で充電します。

このバッテリーの充電器、どのメーカーの物を購入したら良いか、情報が少ないように思います。

そこで純正品である、ACDelco(エーシーデルコ) の全自動バッテリー充電器 AD-0002を購入し、ワンシーズン使用してみたインプレッションをシェアします。

バッテリーの劣化を極力抑えるその実力とはいかに。

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

純正至上主義?

やっぱりカメラのレンズや、車の部品なども当てはまりますが、純正の価値。安心感。それに尽きると思います。

なかには社外品の方が品質や性能が上回る場合も往往にしてある事ですが、しかしバランスに優れた製品は純正部品に多い気がします。

そんな「純正至上主義」を盲目的に信じている私としては、純正充電器を購入するほかありませんでした。

 

わかりやすい

1番はじめにマニュアルを少しだけ読む必要がありますが、わかりやすい操作です。

ボタンも少ないですし、表示もわかりやすい。

まあ所詮バッテリーを充電するだけのものですのでそんなにややこしいオペレーションを求められるハズもないですね。

アンペア数を2,6,10,12,15から選択可能

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

 

バッテリーを充電する際のアンペア数を細かく設定することができます。

1時間当たりの充電アンペア数を表しています。

ゆっくり充電しています

充電時の電流が高いほど、バッテリーへの負担が上がり劣化が早まるという認識なので、私は2日連続で釣りに行くとき以外は、2アンペアでじっくり充電するようにしています。

しかし一般的に、バッテリーの定格電圧の1/10程度のアンペア数で充電するとよいということなので、何も2Aじゃなくても6Aや10Aで充電しても問題ないはずです。

バッテリーを復活させる機能付き

バッテリーの状態を判定し、バッテリーが弱っている状態であれば、自動的に修復しつつ充電を行なってくれる機能付きです。

毎回レンタルボート釣行で、ほぼ空の状態まで酷使しますのでこれはありがたい。

オートウェイクアップモード

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器

 

バッテリーを充電し終わると’FUL’の表示に。分かりやすいですね。

そして満充電後は、オートウェイクアップモードと呼ばれる、充電後のバッテリーの電圧が下がったら再充電しつつ、過充電を防ぎバッテリーを最適な状態に保ってくれる状態に。

使い方はいたって簡単で、バッテリーが満充電状態になると自動的にモードが切り替わってくれます。

効果のほどは?

 

他のバッテリーチャージャーと比較したわけではないので、はっきりしたことは言えませんが、ワンシーズン酷使してバッテリーの劣化は感じられず。

少なからずこれらの機能のおかげでバッテリーの劣化が防がれているのではないでしょうか。

欠点

ボタンクリック音がデカイ

ボタンクリック音がデカイので操作中ピコピコうるさいです。

20時間以内に満充電できない時

エラーになるのですが、その時アラート音でお知らせしてくれるのはいいのですが、これがボタンを押すなどなんらかのオペレーションを与えないと、一切鳴り止まらないというクソ仕様。

しかもアラート音がデカイ。家族から苦情を頂くこと必須です。

これは改善してほしい。

まとめ

バッテリーチャージャーで迷われている方、バッテリーの保護機能の充実した、安心の純正バッテリーチャージャーがおすすめです。

快適なレンタルボート釣行のお供に、Voyager純正バッテリーチャージャーでキマリですね。

 

 

大量の電気を取り扱いますから、事故や怪我の無い運用を目指せるとよいですね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です