釣り用防寒ボトムス考察。やっぱりモンベル最強説。

スポンサードリンク

厳冬期はオーバーパンツを履いてフィールドに繰り出しています。

釣り用防寒ボトムス(オーバーパンツ)の選び方などを考察してみます。

ビブタイプか、パンツタイプか

 

防寒ボトムスを考慮するときに、まずビブタイプにするのか、パンツタイプにするのかという選択が必要かと思います。

個人的には脱着のしやすさを考慮し、パンツタイプがイイと思っています。

雪が入ってくる、なんて事もないですしね。

 

ノースフェイス オールマウンテンパンツ

冬のアウターとしてノースフェイスのマウンテンジャケットを愛用しているので、それに準じたボトムスという事で選ぶと、このオールマウンテンパンツ。

ただ、こいつはレインウェアと山岳シェルの中間ぐらいの、シェルパンツ。

中綿は入ってなくて、ジッとしてることが多い冬の釣りの防寒オーバーパンツとしてはやや不適合な気がします。

それと高すぎるw

オーバーパンツが必要になるのは、厳冬期のせいぜい3か月ほどの期間なので、そこまでお金をかけられないYO!というのが正直なところ。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です