釣り用防寒ボトムス考察。やっぱりモンベル最強説。

スポンサードリンク

厳冬期はオーバーパンツを履いてフィールドに繰り出しています。

釣り用防寒ボトムス(オーバーパンツ)の選び方などを考察してみます。

ビブタイプか、パンツタイプか

 

防寒ボトムスを考慮するときに、まずビブタイプにするのか、パンツタイプにするのかという選択が必要かと思います。

個人的には脱着のしやすさを考慮し、パンツタイプがイイと思っています。

雪が入ってくる、なんて事もないですしね。

 

ノースフェイス オールマウンテンパンツ

冬のアウターとしてノースフェイスのマウンテンジャケットを愛用しているので、それに準じたボトムスという事で選ぶと、このオールマウンテンパンツ。

ただ、こいつはレインウェアと山岳シェルの中間ぐらいの、シェルパンツ。

中綿は入ってなくて、ジッとしてることが多い冬の釣りの防寒オーバーパンツとしてはやや不適合な気がします。

それと高すぎるw

オーバーパンツが必要になるのは、厳冬期のせいぜい3か月ほどの期間なので、そこまでお金をかけられないYO!というのが正直なところ。

 

軍モノ

 

軍モノのオーバーパンツも暖かさという観点でいえばGOODだと思うのですが…

シルエットがイマイチなのと、デカすぎるんですよねえ。私のようなちっちゃいおっさんにとっては不適合です。

軍モノをガバっと着て様になるガタイの方が羨ましい。リーズナブルなのは非常に魅力的なんですが。

ワークマン?

話題沸騰中のワークマンの防寒ウェア。

個人的にですが、デザイン面がまだまだ野暮ったいと思います。これがもうちょっとカッコよくなってくれば、かなり戦闘力高いんですが…

 

モンベル ドライテックインシュレーテッドパンツ

という訳で、おすすめは結局モンベル。

インサレート中綿入りで保温性を満たし、かつドライテック素材で防水性能も持ち合わせている、ドライテックインシュレーテッドパンツ。

価格が控えめなのも好ましいですね。GORETEXではないですが、冬の雨の日は釣りに行かないので問題なしかと思いますw

モンベル製品はほんときめ細かいラインナップで、用途に応じたチョイスをすることが出来ます。まさにコレ!という感じ。

まとめ

以上、釣り用防寒ボトムスについての考察でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です