JACKALLダウズビドー 90SP インプレ。ロングビルミノーの苦手意識をどう克服するか。

スポンサードリンク

JACKALLのダウズビドーを投げてきました。

難解だと思ってしまう、ロングビルミノーの使いどころを模索します。

JACKALL ダウズビドー 90SP

 

JACKALLのダウズビドーを投げてみました。

ロングビルミノー、というカテゴリーに属する、ダウズビドー。

カラーリングが非常に美しい

RTマルハタワカサギ、というカラーをチョイスしたのですが、非常に美しいです。

アクションうんぬん

正直に言って、こういったミノー系の釣りがとても苦手です。

なので、アクション性能うんぬんを語るのが非常に難しいのですが..

 

それでも一応語っておくと、泳ぎ性能は文句ない出来だと感じました。

「2m潜るハイピッチロールアクションのミノー」という言葉通りの動きです。

 

・直進性が高く、早巻きしても破綻しにくい

・ゆっくり潜るタイプなので、ロッドワークによる潜行深度調整がやりやすい

 

とても良く泳ぐミノーです。

飛距離

10.7gというやや控えめなウェイトから想像するより、はるかによく飛びます。

弟分のスピンビドーもかなりカッ飛ぶ感じで、いずれもオカッパリ釣行への配慮が感じられました。

クランクベイトだと思って投げてみるつもり

正直、ロングビルミノーはとっつきにくいジャンルな気がします。

サスペンド仕様という事で、ストップ&ゴーや、トゥイッチさせて使わなくてはいけない、と考えてしまいます。

でも、それがロングビルミノーを難解に感じてしまう原因ではないでしょうか。

 

タダ巻きでも結構釣れるみたいなので、クランクベイトだと思って巻き倒してみる事にします。

クランクベイトにはない、ミノーシェイプの喰わせ能力が備わっていると思えば、なんだか釣れそうな気がしてきました。

(スゴイ変な考え方かもしれないですが 汗)

秦さんの動画で勉強しよう。

 

ロングビルミノーの使い方について、悩める私のようなアングラーに向けて、良い動画がありました。

関東フィールド、高滝ダムでの実釣動画になります。

これで勉強して、フィールドに繰り出すことにします。

流通量が…

流通量が少ないので、非常に手に入りにくかったのですが、最近生産されたようで、ネットショップで買えるようになりました。

まとめ

以上、ダウズビドーのインプレでした。

ミノー系の釣り、マスターしたいものです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です