【強烈エビ臭】JACKALL ネコシュリンプがめっちゃクサイし、めっちゃ釣れる。

スポンサードリンク

JACKALLのネコシュリンプを試してみました。

とんでもない臭いがします。コレ。

そして、秒で釣れました。

 

JACKALL ネコシュリンプ

 

JACKALLプロスタッフの平村尚也氏が、琵琶湖南湖で使う為に開発したネコシュリンプ。

開発秘話↓

私は馬場TUBEの「霞水系のテナガパターン」動画で、その存在を知りました。

ネコシュリンプの中層スイムでエビ食いを狙っているのですが、そのシルエットやアクションを見て、めっちゃ気になっておりました。

めちゃめちゃクサイ

 

最大の特徴は…とにかくクサイという事ww

最近嗅いだワームの中で随一のクサさです、コレ。

パッケージをOPENした瞬間、強烈なエビ臭がします。

マジでクサイです。

JACKALLの他のワームのマテリアルと一線を画すというか、他のワームと明らかに違うマテリアルですね。

↑こんな感じの、磯釣りで使う冷凍アミエビそのものの匂いがしますね。

これは釣れる、と確信できるニオイです。

Oリング付属

 

’ネコシュリンプ’というネーミングからもわかるように、主にネコリグをメインの使い方として開発されています。

そして、ネコリグセッティング用のOリングが付属。専用設計なので、綺麗にフィッティングしてくれてすごく良い感じ。

ズボラバサーにとって、これは嬉しい配慮。

フック

 

フックは、開発者の平村氏はマッスルスピンガード#1(ハヤブサ)を使用、との事。

しかし売っていなかった…ので、FINAのパワーワッキーガード#1にしてみました。

(マッスルスピンガード、店頭であまり見かけない気がします…)

 

なかなかのフィッティングだと思うのですが、いかがでしょうか?

Oリングの使い方がイマイチ分かっていなかったのですが、本当はOリングを付けていても、ワームのボディにもフックを通したほうがイイっぽいです。

平村氏はそのようにセッティングしておりました。写真のようにOリングのみに引っかけると、センターがズレてしまいます。

シンカー

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です