躱マイキーを買ってみた。 うねうねアクションが秀逸

スポンサードリンク

ずっと欲しかった、躱マイキーが幸運にも安く手に入ったのでご紹介します。

当たり前ですが、人気のあるルアーってなかなか安売りしないですよね。

欲しいなあ、って思ってた人気ルアーが安く売ってると無理してでも買ってしまうikahimeです。

多連結系ジョイントベイトの雄

DSC_8527

 
  
SPEC

Length 140mm
Weight 31.5g
TYPE Floating
HOOK ST36BC#4
COLOR #スケルトンアヤメ

 

カテゴリー的には「多連結ジョイントベイト」でしょうか。

私のようなサンデーアングラーにとってはビックベイトにカテゴリーしたくなる大きさです。

思わず敬遠したくなる??サイズ感です。

うねうねアクション+回避性能

DSC_8528

 

基本アクションはただ巻いてウネウネさせるだけ

単純明快です。

曲がったリップはかなり抵抗感があり、ロッドを寝かせると1Mぐらいもぐります。

ロッドを立てて巻いてくればトップウォーター的にも使用可能です。

独特のウネウネアクションを表層~1mレンジで見せることが出来ます。

艶かしいウネウネアクションは見ているだけでも楽しいですね。

JACKALLのHPを見ると、ノーマルマイキーよりも、高浮力設計でカバー回避能力が高いそうです。

私は朝一サーチ的に使ってみたり、水深のあるストラクチャー周りでコールアップするイメージで泳がせてみたりしていますが、正直まだ使いこなせてません。

躱マイキーの特徴を考慮すると、もっと臆せずカバー周りでガンガン使用し、高浮力で躱してあげるのが釣果をあげるコツっぽい。

そのことを頭に入れて、改めて使用してみたいと思います。

JACKALLの川島さん

もう皆様ご存知の方が多いと思いますが、カワシマイキーを開発した、JACKALLの川島勉プロは、本業は美容師さんだそうです。

本業をこなしながら、JACKALLプロスタッフとしてバスフィッシング業界でもご活躍されている。

美容のプロであり、バスフィッシングのプロでもある。

とても尊敬できる方ですね★

こういう器用な方のタイムマネジメント術を教えて欲しいです。

やっぱり睡眠時間を削ったりしてるんでしょうか。

まとめ

川島プロの魂がこもった躱マイキー。

投げまくっていいバスを獲りたいと思います。

こんどは同じく川島プロがプロデュースしたポンパドールが欲しくなってしまいました。

※追記

先日躱マイキーで思わぬ外道が釣れました。
IMG_8858

 

こいつです。ニジマスですw

泳いでいたのが見えていたので近くを躱マイキーで通したらボディアタックしてきました。

スレ掛かりですw

まさかマイキーでマスが釣れるとは思っていませんでした。

躱マイキーの艶かしいアクションがニジマスを狂わせたのでしょう。

こんな意外性がルアーフィッシングの面白いところですね。

人気記事★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。
 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です