グリスレスでリールを組むとどうなるのか?究極のベイトリール軽巻きチューン。

スポンサードリンク

グリスレスリール(究極の軽巻きチューン)

グリス・オイルを全く使わないでリールを組むとどうなるのか試してみました。

ブレーキはオフ、メカブレーキはゼロポジションで撮影。びっくりするぐらい、めちゃくちゃよく回ります。

参考までに、施工前です。普通はこんな感じだと思います。

グリス、オイル一切なしで組み付け

 

どうやったかというと、古いグリス&オイルを入念に脱脂し、グリス&オイルを一切使用せずに組み上げました。

オーバーホールのついでに、ちょっと遊んでみたのです。

※真似しないでネ。

巻きが軽い

ハンドルを空転させて、めちゃくちゃよく回るということは、抵抗が少ないということです。

巻きがめっちゃ軽い状態でもあります。

グリスやオイルが巻き感に及ぼす影響はめっちゃでかい

 

この実験で分かったことは、グリス&オイルが巻き感に及ぼす影響は想像以上に大きいということです。

むしろ使うグリスでほぼ巻き心地や、巻きの重さが決まってくると言っても過言ではないかと思います。

 

それを踏まえて、オススメのグリスは…と言いたいところなのですが、どこのグリスが最も良いか。は模索最中です。

巻き感が最も軽く、かつしっとり感も損なわないヤツが見つかったらご紹介しますね😌

 

とはいえ、一応ご紹介しておくと、普段使っているのは純正とIOSファクトリーのヤツです。

純正グリス

一番よく使うのは、純正グリスっす。安くて気兼ねなくガンガン使えるし、やっぱ純正の安心感は大きい。

ただし巻き感は、軽くはなりません。あくまでも購入当初の状態にリセットするようなイメージで使うことが多いですね。

IOSファクトリー ギアグリス

定番ですが、IOSファクトリーのギアグリス。こちらは純正より巻きが軽く仕上がる印象です。

100%化学合成油。(良い油だということです)

どちらもベタですが良いグリスだと思います。

巻きを軽くしたいなら粘度の低いグリスを使うべし

リールの巻き感を軽くしたければ、粘度の低いグリスを使うことでかなりの効果が見込めるということですね。

とはいえ、グリスを粘度ごとに数種類ラインナップしているメーカーさんって意外と少ないんですよね。

BOREDさんぐらいかしら。このLDGってグリスが一番粘度が低いらしいので、とりあえず購入してみました。後日インプレします。

まとめ

以上、ベイトリールにグリス・オイルを使わずに組み上げるとどうなるのか?でした。

絶対にこのままフィールドで使ってはいけません。(謎)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です