’16アルデバランBFS+Availマイクロキャストスプール【16ALD15R】インプレ。超軽量&超浅溝スプールの実力。

スポンサードリンク

Avail社からリリースされている超浅溝、超軽量のマイクロキャストスプール【16ALD15R】のインプレです。

エリアベイトフィネスで使用したのですが、2.5gスプーンが気持ちよくかっ飛ぶ、驚きのフィネス性能でした。

シマノ ’16アルデバランBFS + Availマイクロキャストスプール 【16ALD15R】

 

シマノ ’16アルデバランBFSに、Availのマイクロキャストスプール【16ALD15R】を装着したリールのインプレです。

渓流ベイトフィネスをメインの使用用途とした、超浅溝、超軽量のカスタムスプールです。

 

それに補助マグネットφ4×1mm 8個をセット。

ベストなセッティングは煮詰め中ですが、0.6号のPEラインに、リーダーはフロロカーボン5lbを合わせています。

 

※友人所有の物をお借りしました。

SPEC

基本仕様

材質 スプール部分:超々ジュラルミン (アルマイト加工により着色)
シャフト部分:超々ジュラルミン (ハードアルマイト加工)
主要サイズ Microcast Spool 16ALD15R 溝深さ:1.5mm
Microcast Spool 16ALD29R 溝深さ:2.9mm
装着ベアリング:7mmx4mmx2.5mm
 適合リール  16アルデバランBFS LEFT/RIGHT
16アルデバランBFS XG LEFT/RIGHT

ラインキャパシティ

スプール 4Lb
φ0.165mm
6Lb
φ0.205mm
16ALD15R 45m 35m

重さ

スプール 重量
Microcast Spool 16ALD15R 4.9g
Microcast Spool 16ALD29R 5.1g
16アルデバランBFS 純正スプール 7.7g

出典:Avail

純正とは明らかに違うフィーリング。

正直言って、社外品のカスタムスプールはお安くはないです。掛けたコストに対して、見合う効果があるの?と思いますよね。

 

私も、リールカスタムにハマる以前は、全く同じ疑問を抱えていました。

でも、マイクロキャストスプール【16ALD15R】については、誰しもが感じられる違いがあります。

 

超軽量なカスタムスプールならではの圧倒的レスポンスは、病みつきになるレベルです。

実際にどれぐらいのウェイトまで投げれるのか、検証してきました。

Fishman Beams ブランシエラ 5.2UL

フィッシュマン Beams blancsierra5.2UL

フィッシュマン Beams blancsierra5.2UL

43,780円(09/27 21:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

渓流ベイトフィネス用ロッド、Fishman Beams ブランシエラ 5.2ULに合わせて使用しました。

2g台のスプーンを無理なく投げられるロッド、といえば調子が伝わるでしょうか。

とはいえ、しっかりとしたパワー感もある不思議なロッドです。

超軽量

【16ALD15R】の最大の特徴は、圧倒的な軽さです。アルデバランBFS純正スプールが7.7g。

対して、【16ALD15R】は4.9g。めちゃくちゃ軽いですよね。

軽ければ軽いほど良い、というものではない

ただし、KenDさん&ふじさんの神記事によると、スプールは、単純に軽ければ軽いほど良い訳ではない、そうです。

シャフトなど中心軸に近い部分の自重はあまり慣性モーメントに影響はなく、外側の重量がレスポンスへの影響が大きい。とのこと。

Availマイクロキャストスプールの超絶レスポンスの秘密

Availのマイクロキャストスプールの超絶レスポンスについて、どこで純正との差を発生させているか、というと…

 

マイクロキャストスプールの超絶レスポンスの秘密
  • スプールの薄肉化
  • 浅溝化によるライン巻き付け量の減少

だと思います。

ちなみに、スプールシャフトは純正もAvailも超々ジュラルミン製。(Availスプールのシャフト素材については、HPに説明があります。)

スプールの薄肉化&軽量化は、外側なので慣性モーメントの減少に非常に効果的です。

エリアベイトフィネスで使用

 

エリアベイトフィネス的な使用用途で使ってきました。

バス釣りでは投げない、0g台〜2g台のマイクロスプーンを投げてみたので使用感をお伝えします。

2.5gが気持ちよくかっ飛ぶ

 

まずは2.5gのスプーン。朝飯前といったところで、気持ちよくかっ飛びます。

飛距離に関しても、スピニング並みと言っていいレベル。

ポンドタイプのエリアフィールドで、もう少しで対岸に届きそうなレベル、といえば伝わるでしょうか。

1.5gも守備範囲内

 

1.5gのスプーンを投げてみました。

こちらも、2.5gほどの気持ちよさはないものの、実用の範囲内で普通に投げれます。

禁断の0g台は、コツがいるけど投げれる

0.9gのスプーンも、投げられないことはないです。

流石に、少し無理している感もあり、バックラッシュの危険性も増えます。

ふわっとロッドのしなりを利用して投げる、というコツも要ります。

しかし、全く投げれないわけではありません。

バスフィッシングではどうか??

別にバス釣りで1g、2gのルアー投げないし、いらないかな。

そう思うかもしれません。

 

でも、1つ言えるのはスプールの回転性能は高ければ高いほど、キャストがしやすくなる、という点です。

普段のベイトフィネス領域で投げる軽量ルアーについても確実にキャストフィールを向上させることが出来ます。

 

また、ピッチングでも普段よりも簡単に飛距離が伸びるので、バス釣りでの使用でもそのメリットは有る、と考えています。

ラインセッティングを含めて、バス釣りで使い込んだらまた追記します。

強度的な懸念点

ただし、全く懸念点がないわけではなく、強度的な心配は多少なりとも有るかと思います。

薄肉、軽量化を極限まで進めたスプールですし、あくまでメインターゲットは渓流ベイトフィネスです。

この辺りは私の方でも購入し、検証していきたいと思います。

まとめ

以上、’16アルデバランBFSと【16ALD15R】のインプレでした。

純正では決して味わえないレーシングな回転感覚を味わえるカスタムメニューです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー