バンタム MGL Avail 浅溝スプール インプレ! キャストフィールシャキッと計画。前編

スポンサードリンク

剛性番長ながら、イマイチしゃきっとしないキャストフィールが惜しい、バンタムMGL。

そこで、Availの浅溝スプールをインストールしてみました。本当にキャストフィールは向上するのでしょうか。

検証していきます。

バンタムMGL Avail浅溝スプール 18BTM58RIのインプレ

 

バンタムMGL用のAvail製軽量浅溝スプール、【18BTM58RI】のインプレです。

カスタムスプールは高価なだけに、購入に二の足を踏むこともあるかと思いますので、人柱になって試してみました。

バンタムMGLのキャストフィールがイマイチ?

バンタムMGLは、キャストフィールがなぜかイマイチです。

しかし、同じ「MGLスプール」を搭載した’19アンタレスや、メタニウムMGLはいずれも素晴らしい。

 

新世代MGLⅢスプールの19アンタレスに負けるのは仕方ない。

でも同世代MGLスプールのメタニウムMGLに負けるのは悔しい。

 

決定的な差は、ラインキャパ。バンタムが150番、メタニウムMGLが70番サイズ。

バンタムはたくさんラインが巻けますが、それがくせ者で、スプールが重たくなりキャストフィールが悪くなります。

 

結果、両者には埋めがたいキャストフィールの差が生じます。

レベルワインドとスプール近い問題

バンタムMGLのキャストフィールがイマイチな理由で、最有力候補として噂されていたのがレベルワインド。

スプールからレベルワインドまでの距離が短く、抵抗になっている、というもの。

 

しかしこれについて、黒田プロが一蹴するという出来事がありました。

計算して作っているし、少なくとも飛距離は全く遜色ない、と。(フィーリングについての言及は無いようでしたが。)

 

これは、バンタムMGL史?におけるひとつの事件といっても過言ではないでしょう。

ちなみに私も、レベルワインドが近いからキャストフィールがイマイチなんだ、と信じて疑わなかった一人ですw

じゃあラインキャパ減らせば良いじゃん。

左:純正 右:Avail【18BTM58RI】

 

レベルワインドが問題ないとすれば、キャストフィールの良し悪しはやはりスプール総重量が影響している、と考えるのが自然です。

 

という訳で、純正よりもラインキャパを減らすことのできる、Avail社のマイクロキャストカスタムスプールをオーダーしました。

イマイチ眠い感じのバンタムMGLを極上フィールに変えてくれるアイテムのハズ。

深溝タイプ(【18BTM58RI】 )をチョイス

浅溝タイプ(【18BTM36RI】 )と、深溝タイプ(【18BTM58RI】 )の2種類がラインナップされています。

個人的にバンタムMGLは太糸で重たいルアーをメインに使用しているため、深溝にしました。

 

ラインキャパは夢屋 浅溝スプールとほぼ同じで、スプール単体の重量は純正よりほんの少しだけ軽い。

  自重 ラインキャパ
【純正 深溝】 12.3 12lb-130m
16lb-100m
【夢屋 浅溝】 12.4 12lb-100m
16lb-80m
【18BTM58RI】 12.2 12lb-100m(※)
16lb-75m
【18BTM36RI】 11.7 12lb-60m
16lb-40m(※)

※は公称値なし。ざっくりと計算した値です。

スプール単体重量はさほど変わらないのですが、ラインを巻いた総重量だと結構な差が付きます。

 

スプール軸のベアリングは、ステンレスのオープンタイプが付属。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です