かっ飛びチューニングキットは本当にかっ飛ぶのか。AIR HDを試したゾ。

スポンサードリンク

いにしえから存在する、リールのベアリング交換チューニング。

ヘッジホッグスタジオからリリースされている、かっ飛びチューニングキットを試してみました。

「かっ飛び」というネーミングであるが、その効果やいかに。

かっ飛びチューニングキット AIR HD インプレ

ヘッジホッグスタジオの、「かっ飛びチューニングキットAIR HD」で、ベアリングチューンを実施しました。

何種類かあり、今回試したのは最高峰のAIR HDと呼ばれるモデル。’18バンタムMGLに取り付けしました。

セラミックベアリング

左:純正 右:かっ飛びチューニングキット

 

AIR HDの最大の特徴は、セラミック製のボールです。異素材感があってカッコいい。

防錆性能や回転性能に優れている、との事。純正は、ステンレス製。

オープンタイプ

片面オープン&片面シールドタイプである事も大きな特徴のひとつ。

純正は両面シールドタイプ。

メリット

・抵抗が少なく、回転性能が良好。

・オイル切れしやすいが、裏を返せばオイルレス状態に近い、もっとも良く飛ぶ状態になりやすい。

デメリット

・注油はこまめにする必要がある。

・ゴミが侵入しやすく、耐久性に欠ける。

バンタムMGLへの取り付け方法

 

バンタムMGLの場合、サイドプレートのベアリングと、スプール軸のベアリングを交換します。

必要工具

 

バンタムMGLへインストール時に必要な工具。

上から、

・HOZAN製先曲がりピンセット

・ハンドルノブキャップリムーバー Ver.2

・スプールベアリングリムーバー Type:R

HOZAN製ピンセット

ピンセットはベアリングを止めてる金具(ベアリングストッパーリングを外すのに使用。

つまようじ等でも代用可。

ハンドルノブキャップリムーバー

ハンドルノブキャップリムーバーはサイドプレート側のベアリングを引き抜くために使います。

 

バンタムMGLは、防水対策やサイレントチューンの一環で、ボールベアリングにゴムのOリングが装着されています。(上写真)

そのため、サイドプレート側のベアリングがゴムの抵抗で外しにくいのです。

スプールベアリングリムーバーTypeR 

 
 

スプール軸のベアリングは、小さなピンで固定されています。

ピンは圧入してあり、外すのにスプールベアリングリムーバー Type:Rを使用します(*’ω’*)

詳しい使い方はヘッジホッグスタジオさんのサイトを参照ください。

オープンタイプベアリングの向き

ちなみに余談ですが、オープンベアリングの装着向きは、ゴミが入りやすいなど特別な事情がない限り、オープン面を見える方向にします。

メンテナンスしやすくするためです。

カッ飛びチューニングキット メリット

さて、ここからインプレです。変えてどうなったのか、まとめます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です