FW54V。 舵が効かなくなった件。 エレキの車載時の注意点は…?

スポンサードリンク

私の愛用のエレキは「モーターガイド FW54V-36”」というモデルです。

先日、亀山釣行の際、朝エレキをセットしようとしたら、ペダルを踏んでも舵が右に切れないという不具合が起こりました。

幸いにも、エレキヘッドを開けたら、不具合箇所を発見できて直すことができました。

そこで私のFW54Vの舵がなぜ効かなくなったのか、備忘録がてらシェアします。

さらにエレキの取り扱いについて、特に車載時に考えられる注意点を考察してみます。

「モーターガイド FW54V-36”」

「モーターガイド FW54V-36”」

「モーターガイド FW54V-36”」

 

 

SPEC

シャフト長 36in
電圧 12V
推進力 54lb
スピードコントロール 無段階変速(デジタルモデル)

 

ワイヤーで操舵する

ご存知の通り、エレキは、フットペダルを前後に踏むことによりワイヤーを、引っ張ったり押したりします。

そのワイヤーの前後動作でヘッド部分にあるギア部分を回転させ、操舵します。

FW54Vは少なくともそういう仕組みです。

ワイヤー切れた?

先日の亀山釣行の際、いつものようにエレキを取り付けようとしたところ、エレキのフットペダルが、スカスカな感触になっていることに気がつきました。

ペダルを手前に踏み込んだときは、舵が切れるのですが、ペダルを奥の方向に踏み込んでみても全く舵が切れず、スカスカな感触。

一方向にしか舵が切れない状態です。

エレキの不具合事例として良く聞くのは、ワイヤーが断線し、舵が切れなくなることです。

ワイヤーの交換が必要になる、とても厄介な不具合です。

そこで原因を探るべく、フットペダルとヘッドを開けてみることにしました。

原因

フットペダルオープン!

エレキ フットペダル

エレキ フットペダル

 

まずはフットペダルを開けてみます。

開けてみると、ワイヤー自体は無事な様子。

ヘッドオープン!

エレキ ヘッド

エレキ ヘッド

 

続いてはヘッドオープン!

こちらもワイヤーはご無事の様子。

ではどうして片方向のみ舵が効かないのか。

ワイヤーとギアの取り付け部分が外れていた

外れている

外れている

 

 

正常な場合

正常な場合

 

 

よーく目を凝らしてみると。ゴシゴシ、ゴシゴシ。

ワイヤー取り付け部が外れていることによるものでした。

写真の上部黄色い丸で囲った部分です。

幸いなことにネジでぐるぐるすれば取り付けられる構造なので、ぐるぐるして処置完了です。

エレキの取り扱いについて

車載時

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • 本日全く同じ症状で断線したと思っておりました。

    机に横向きに置いたところ、クルリンっとモーターが回りバチんと音が…

    片側だけ回る状態になりました。
    帰宅後ヘッド部を開けてみようと思います。

    ブログを見て少し心が軽くなりました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です