バスロッドのメーカーは揃える派?ミックス派?

スポンサードリンク

バスロッドの選び方について、一つのメーカーにきっちり揃える派と、いろんなメーカーのロッドをミックス派に分かれます。

それぞれのメリットを考察します。

揃える派

とにかくカッコイイ。

全てのロッドを同一の銘柄で揃える事で、なにより、プロみたいでカッコイイ。

ボートデッキにすべて同じメーカーのロッドが置かれていると壮観です。

使用感の統一

グリップなどの仕様を統一出来るため、持ち替えたときの違和感が減ります。

弾性や、曲がりのテイストも似ているため、キャストも上手になります。

迷いがない

購入するときも、そのメーカーのロッドから選べば良いので、余計な迷いが無くなります。

 

うーん、統一するとメリットが多いですね。

したほうが良い気がしてきたぞ…でも、困った事に「一番好きな特定のロッドメーカー」が無いんです。

リールに関してはシマノ派なので、シマノに統一しているのですが…

メーカーミックス派

 

私はこっちです。後先考えずに、欲しいと思ったメーカーのロッドをごちゃまぜで買ってしまいます。

使っているロッドメーカーは、シマノ、ダイワ、アブガルシア、レジットデザイン、ノースフォーク..とバラバラです。

最終的なビジョンが見えていない、という事でもあるw

とはいえ、今までお会いしたアングラーのうち、7~8割ぐらいはこっち派のような気がします。

いろんなロッドを選べる

市場に存在する各メーカーのロッドを好き放題選べる。選択肢の多さが最大のメリット。

アレコレ浮気出来ちゃいますw

使用感はバラバラ

メーカーによってロッドに対する考え方、仕様は千差万別。

使用感の統一が取れないというデメリットがありますね。

まとめ

どっちが良いのか、というのはとても難しいですね。

私は、いろんなメーカーが好きなので、3本づつぐらい買う「どっちつかず派」でいこうと思いますw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です