【バス釣りTIPS】改めて、根掛かり&ルアーロストを最小限に抑えるコツまとめ!

スポンサードリンク

せっかく購入したお気に入りの高価なルアー。

ルアーロストという憂き目にあわないように、実践していることをまとめました。

 

ルアーロスト

 

最近、ルアーロストする回数をかなり減らせるようになりました。

とはいってもまだまだ無くしますが…

そこで心掛けていることをまとめます。

 

パイロットルアーはスナッグレス性能高め

 

初めて投げるポイントは特に、スピナーベイト&スイムベイト等のスナッグレス性能に長けたルアーから投げます。

(当たり前かよ!)

ポイントを知る

 

当然ですが通っているフィールドではルアーロストを減らすことが出来ますね。

あそこにあの方向で通すと高確率で根掛かりする、などの情報が蓄積されてきます。

通いこんでポイントについて深く知るという事が大切です。

しかしある程度知るまでに無くしまくったら意味ないので、まずは知っている詳しい人と行くのが良いと思いますw

 

底質を知る

 

投げる先の、底質を知る事。

どうやって知るの?というところですが、岸際を見て、水中の様子を推測します。

大概、岸際の様子がそのままボトムの質、というところが多いかと。

 

例えば、木の枝が大量に沈んでいるポイントでは、当然ながらトレブルフックのルアーや、むき出しのマスバリを投入すれば根掛かる確率は増えます。

まあこれは自分だけかもしれませんが、根掛かりするときは、そりゃ根掛かるわ!って事をやっちゃってる場合が多いです。

 

リップ付きルアーの躱し性能は、思いのほか高い。

 

これは最近ハッとした事なんですが…リップ付きのルアーの躱し(かわし)能力って思っているよりも高い事が多いです。

で、どう巻いてくれば躱してくれるのか、足元で引いてみること。わざと枝や岩にぶつけてみる。

すると、器用にリップを起点として躱してくれるんです。

そうやって、そのルアーがどのぐらい躱せるのか、事前に確認する。それをイメージしながら巻いてあげると、だいぶ違うと思います。

 

フロントフックダブル化

 

フロントフックをダブルフックにすると、劇的にルアーロスト率が下がります。

とくにミノーやジャークベイトでおススメ出来るメニューです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です