なぜランクル100&200は至高のバス釣り車なのか。

スポンサードリンク

多くのバスプロたちが愛車にしている、ランドクルーザー100&200。

ここまでランクル信仰の深い業界も珍しいかと思います。

改めて、なぜランクル100&200が「至高のバス釣り車」なのか、考察します。

ランドクルーザー100&200

 

まずは基本スペックを軽くご紹介します。

ランドクルーザー100(1998年 – 2007年)

 

出典:goo 自動車&バイク

まずはランクル100。ドライブトレインは、4.6LV型8気筒DOHCの2UZ-FEを搭載。

235馬力、43.0kg・mを発揮。フルタイム4WD。

他、水冷直列6気筒4.2リッターターボディーゼル、1HD-FTEを搭載したディーゼルモデルもアリ。

 

ランドクルーザー200(2007年 -)

 

 出典:response

お次はランクル200。初期型は旧モデルからのキャリーオーバーで2UZ-FE型を搭載。

2009年以降はLS460にも搭載される、UR系へバトンタッチ。4.6L V8から318PS、46.9kgf・mを絞り出します。

海外仕様にはディーゼルモデルも存在しますが、国内販売はガソリン車のみ。

 

 

だいぶざっくりですが…100も200も、パワフルなV8を積んだSUV界のキング的な感じです。

そんなランクルが何故バスプロから圧倒的な支持を得ているのか、特徴を見ていきたいと思います。

 

強固なラダーフレーム

 

出典:TOYOTA

ランドクルーザーは、はしご型フレーム、いわゆるラダーフレーム構造を採用しています。

強固なメインフレームの上にボディを乗っけた別体構造でトラックと同じフレーム構造です。

現行の国産車で採用しているのは、ジムニーとランクルぐらいになってしまいました。

一般的な乗用車はボディとフレームが一体化して車体全体を支えるモノコック構造となっています。

 

車重が重たく、乗り心地の面でも不利な事が多いラダーフレーム構造ですが、高いタフネス性能がウリ。

大型のボートを長距離トレールするという使い方には絶対に不可欠な存在です。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です