リールの置き傷防止ってどうしてる??コーティングやタッチペン、傷防止ステッカーなど。

スポンサードリンク

リールの置き傷って萎えますよね。

でも、ふとした瞬間どうしても小傷がつくものです。

リールの置き傷防止方法について考察します。

リールに傷をつけたくないんだ。

 

リセールバリューや、心の平穏のために、リールを傷つけたくありません。

しかし、リールは結構塗装がもろい?ため、すぐに傷が付きますよね。

特にベイトリールの、上部に付く傷がとても嫌いです。絶対に傷つけたくないです。

 

そこで、リールの傷防止方法をまとめてみました。

個人的な対策方法

個人的な対策方法をご紹介します。

究極を言うと、置かない。

究極のリール傷防止方法としては、「置かない」というのが私の結論です。

地面などに直置きしない。

 

置き傷防止の記事で、置かない!とか意味わかんないですけど、結局置くとどうしても傷が付く、という事ですw

オカッパリ

おかっぱりでは、2本携行。

1本はロッドホルダー付きのバッグに差して、もう一本は常に持ち歩く。

ボート

 

ボート釣行では、定番のクレトム インテリアバーでロッドホルダーを作成し、リールをフローティング状態にします。

ハンガーストッパーには適当なウレタンスポンジのようなモノを巻いて、ふかふか仕様にします。

 

こんな感じです。タックル同士が絡むことも減って、一石二鳥です。

運搬時はリールカバー

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です