シマノ17コンプレックスCI4+が気になる件。ストラディックCI4+のドラグ強化版。

スポンサードリンク

新世代のスタンダードスピニングとして、各方面から高い評価を得ている、SHIMANO ストラディックCI4+。

そんなストラディックCI4+をベースに、バス専用モデルである、「コンプレックスCI4+」が2017年のニューモデルとして、登場します。

ストラディックとの違いは何か、またコンプレックスである必要性はあるのか?比較してみたいと思います。

コンプレックスCI4+

旧コンプレックスCI4+

旧コンプレックスCI4+

 

旧型のコンプレックスCI4+は、レア二ウムCI4+ベースでした。

今回リリースされる、新型の’17コンプレックスCI4+は、ストラディックCI4+ベースとなって登場するようです。

ストラディックCI4+は、レア二ウムCI4+の後継機種ですので、そのモデルチェンジに追従して、コンプレックスCI4+も正常進化を遂げる、という流れ。

そんな17コンプレックスCI4+の特徴をシェアします。

リジッドサポートドラグ&ラピッドファイアドラグ

 出典:SHIMANO

ベースとなる、’16ストラディックCI4+と、新しい’17コンプレックスCI4+の、最も大きな違いは、ドラグ性能です。

リジッドサポートドラグ★

リジッドサポートドラグは、ドラグ作用時のスプールのガタツキを抑えて、ドラグ性能を高めたもの。

ステラ、ヴァンキッシュ、ツインパワーなどの上位機種にしか採用されていません。

ラピッドファイアドラグ★

ラピッドファイアドラグは、ドラグノブを動かしたときに、少しの調整幅で、大きくドラグ力を変化させることが出来る機構。

イメージとしては、ハイギアなドラグ。って感じでしょうか。

急激なバスの突込みに対して、素早くドラグ力を調整することが可能で、ラインブレイクを防ぐことが可能です。

ベアリング数

ベアリングが、ベースとなるストラディックCI4+よりも、3個多く搭載されています。

これは、リジッドサポートドラグ搭載による増加だと思われます。

リジッドサポートドラグは、メインシャフトと、スプール内のベアリング2点でスプールを支持してドラグ性能を向上させる仕組みです。

もう一つの搭載箇所は、現時点では不明です。

’17 コンプレックスCI4+ 9/1 (S A-RB/ローラー)

’16 ストラディックCI4+ 6/1 (S A-RB/ローラー)

CI4+製のハンドル

 

ストラディックにはなかった、CI4+製のハンドルが装備されています。

軽いだけではなく、造形もカッコイイ。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です