ファットイカをいいところに 投げていい思いをした話

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモト「ファットイカ」。

抜群のキャストアキュラシーと、バルキーなボディでバスを魅了するファットイカについてまとめました。


  IMG_9031

 
Length 100mm
自重 約12g
入数 10
価格 1700円(税抜)

※ヘビーカバーファットイカは5本入り980円(税抜き)

キャストが異様に決まる

単体で12gもあり空気抵抗が少ないボディも相まって、MやMHのベイトタックルで脅威の飛距離を出すことができます。

バスフィッシングはキャストが9割

ちょっと何の文献だったか、誰が言っていたか忘れてしまいましたが、「バスフィッシングはキャストが9割」というようなことを言っているバスプロが居ました。

最初聞いたときは「おいおいそりゃさすがに言いすぎじゃないかな?」と考えていました。

しかしここ最近、釣れたときはキャストが決まっているときが多いことから、この言葉はかなり正しいのではないかと考えるようになりました。

バスフィッシングにおいてキャストアキュラシーは超大切な要素。

ファットイカを使用することにより、通常届かないポイントまでルアーを送り込む事が可能になります。

結果おいしい思いをすることが何度もありました。

最大の欠点

ファットイカの最大の欠点は価格が高いこと。

この価格の高さがネックになって購入をためらっているケースも多いかと思います。

「この金額ならハードルアー一個買えるしなあ。」

「ワームにこんな高い金額は出せない」

そんな風に考えてしまいます。

コスパを考えればそうでもない

しかし実はファットイカはバルキーでシンプルな形状なので、めちゃめちゃ頑丈に出来ています。

さらに私は「ヘビーカバーファットイカ」を使用しています。

これはヘビーカバー対応として、ノーマルと比べて硬めで頑丈なマテリアルを使用しています。

何度キャストを繰り返してもなかなか身切れしないし、ぼろぼろになってきても、フックサイズやフックの刺す方向がかなり柔軟に変更できるのでかなり長持ちします。

むしろ割安。

価格はやや高めではありますが持ちを考えると、必ずしも高いとはいえないでしょう。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です