ゲーリーヤマモト ライトイカ4.5inch。塩だけじゃない、ゲーリーヤマモトのすごさ

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモトのライトイカ[LIGHT IKA 4.5inch]。

ソルト少な目&痩せたボディでイカの魅力半減!?と思いきや、しっかりバスを魅了するのです。

 

ゲーリーヤマモト ライトイカ

 

ゲーリーヤマモトのライトイカを試しました。

生粋のゲーリーヤマモト&ファットイカファンとしては、試さずにはいられないヤツです(*’▽’)

 

ゲーリーヤマモト イカファミリーをまとめてみた

「痩せたイカ」はこれまでも無かったワケではなく、タイニーイカと呼ばれるライトリグ専用のイカがラインナップに存在します。

とはいえタイニーイカは自重約1.4gと、ガチでタイニーなヤツでもはやファットイカとは完全に別物。

 

そして、ベビーファットイカ。こいつは普通に量販店で売っている、メジャーなイカですよね。

こちらはファットイカのまんま小さいバージョン。

 

あとは珍種、「ビッグイカ」と「イカ6インチ」というのも存在しています。(あまりにレアすぎるヤツですw)

 

つまり、純粋な「ファットイカの痩せたバージョン」、というのはありそうで無かったのです。

そこに突如現れたのが、今回の「LIGHT IKA 4.5inch」という訳であります。

 

イカの魅力半減!?

 

最大の特徴は、痩せたシルエット。(自重約4.5g。ファットイカは約11gと半分以下)

そして、塩分少な目マテリアル!

触った瞬間、アレ?なんかプリっとしてて塩少なそう…と思いました。で、調べてみるとやっぱり塩分少な目。

そして、フラスカートはたったの6本…(ファットイカは24本)

これって、ファットイカの魅力半減じゃん…正直どうなのコレ..というのが率直な第一印象でした。

 

減塩&減量全く問題ナシ!

 

しかし、そんな心配は全くの杞憂に終わりました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です