RYUGI R-TANK[Rタンク](マグタンク)でフック&シンカー収納の悩みを終結。[インプレ]

スポンサードリンク

悩めるシンカー、フック収納にファイナルアンサー!?RYUGI[リューギ]のR-TANK[Rタンク](マグタンク)を導入しました。

その使用感をシェアします。

RYUGI[リューギ] R-TANK[Rタンク] XL(マグタンク)[インプレ]

 
 

出典:RYUGI

シンカー類を収納するため、RYUGI社のR-TANK(マグタンク)を購入しました。

MAGBITE社製のマグタンクというケースがありまして、そいつのRYUGI別注モデルがこのR-TANKです。

サイズはXL。LサイズとXLサイズのラインナップで、レンタルボートに持ち込むシンカー類を一つにまとめたかった為、大きい方(XL)を選びました。

ごちゃついていたフック&シンカー達をあわよくば一元管理したい!という目論みです。

他社の別注品もあります

 

他にもENGINEやGAN CRAFTからも別注品が販売されており、いろんなマグタンクがあるようです。

時点でのフック&シンカー収納の結論

現時点でのフック&シンカー整理の最適解を考察してみます。

フック

 

 

フックは元袋のまま、RYUGIのシングルフックストッカーに収納。

(モデルチェンジした「シングルフックストッカーⅡ」がリリース。こちらも試してみました。)

 

何故フックを元袋で保管したいかというと、一回使った「中古フック」を中の台紙の後ろ側に移せるから。一回でも使ったフックは確実にナマッているので、新品と区別したいためです。

さらに新品と同じ場所に戻すと、錆びが伝染してしまいます。中古フックを台紙の裏に入れる事により、これも防げます。

そして袋から出すと、なんの製品か分からなくなっちゃうのも嫌なのです。

 

なので元袋で管理してたのですが、それを整理する為のシングルフックストッカーです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です