[バス釣り偏光論] TALEX トゥルービューというカラーが望外に見やすかった。

スポンサードリンク

TALEXレンズのカラーリングについての考察です。

イーズグリーンやラスターオレンジに注目が集まりがちですが..

ナチュラル&ベーシックなトゥルービューというグレー系のカラーが思いのほか好感触でした。

 

TALEXレンズのカラーラインナップ

レンズカラー名 カラーイメージ 雑光カット率 可視光線透過率 紫外線カット率
TRUEVIEW®
トゥルービュー®
TRUEVIEW - トゥルービュー 99% 30% 99%
EASE GREEN
イーズ グリーン
EASE GREEN - イーズ グリーン 90% 40% 99
LUSTER ORANGE
ラスター オレンジ
LUSTER ORANGE - ラスター オレンジ 95% 32% 99%

出典:TALEX

TALEXレンズはシチュエーションに合わせて、多数のレンズカラーをラインナップ。(今回話題にする3色のみ抜粋)

そのうち、バスフィッシング界では、イーズグリーン&ラスターオレンジが人気です。(独断と偏見)

イーズグリーン

 

イーズグリーンは、ローライト対応の「明るい」レンズ。

(明るさ=可視光線透過率、と呼ばれています。他のレンズは30%台のモノが多い中、イーズグリーンは40%。ローライト用、と呼ばれる所以)

 

また、バス釣りに使います!と言うと、かなりの確率でオススメされます。

という訳で、私もイーズグリーンを使用してました。

ラスターオレンジ

他、バスフィッシャーマンのフェイバリット率が高い「ラスターオレンジ」。

残念ながら掛けたことがないのですが…

高いコントラストで、対象物の輪郭をはっきりと際立たせ、サイトフィッシングにおいて力を発揮してくれるという噂。

トゥルービュー

 

そんなイーズグリーン&ラスターオレンジの呪縛!?から解放?され、トゥルービューを試しました。

SPEC

 

レイバンのRB 5329-Dというフレーム。

ウェイファーラーのJAPAN FITモデルに似た形です。

調べてみたら、西野カナがシングルCD『トリセツ』のジャケットで掛けていた型番だそうww

 

4カーブのCR-39(プラスティックレンズ)。

フレーム持ち込みでレンズを入れた訳ではなく、この状態で売っていたもの。(すぐに必要だった為)

 

地元のTALEXプロショップ、宅配のメガネ屋さんのコンプリートサングラスです。

これまた地元の釣具屋さん(フィッシング相模屋)で購入。

 

またプラスチック製レンズ

ちょっと話が変わって、以前、プラスチック製レンズを間違ったお手入れにより、劣化させてしまった話をしました。

有識者の意見を聞くと、どうやらガラスレンズが耐久性に優れており、簡単には劣化しない、との事。

 

なので、次はガラスレンズにしようと思っていたのですが…

 

次の釣行までに日が浅く、とりあえず在庫のあるプラスチック製レンズ装着済みサングラスにしました。

(痛んだイーズグリーンは、ガラスレンズに換装予定。)

 

スッと馴染む、ナチュラルなレンズカラー

 

「トゥルービュー」は、名称からも察せる通り、もっともベーシックでナチュラル。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です