ジーニアスプロジェクト SHK。スマートさ際立つフックキーパー。

スポンサードリンク

ジーニアスプロジェクトSHK

 

ジーニアスプロジェクトのSHKを試してみました。

青木哲氏主宰のジーニアスプロジェクトからリリースされている、リールに付けるタイプのフックキーパーです。

以前、BHK(ベイト用)のフックキーパーを使ってみたところ、非常に良い感じだったのでSHKも購入してみました。

ざっと使用感をまとめます。

デッドスペースを有効活用

 

リールフットに装着するSHK。

まさにタックルのデッドスペースとも呼べる場所に、フックキーパーを配置することが出来ます。

リールのルックスを妨げない

スマートなチタン製のパーツで、タックルのカッコよさをスポイルしない、という点もイイですね。

また、自重2gという事で、自重を気にされる場合も!?安心の仕上がりです。

糸絡みしない

ロッドに装着するタイプのフックキーパーは、ラインが絡んでしまうという欠点を抱えています。

その点、SHKは「糸絡みしない場所」への配置となっており、これはベイトリール用のBHKのときと同様のメリットですね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です