アチチな三島湖バス釣り。豊英からの放水MAXでどう変わるか。

スポンサードリンク

灼熱の三島湖へ行ってきました。

豊英筋の放水により、パラダイスの出現です。

三島湖

 

三島湖アタックへ行ってきました。

いい大人が毎週通ってしまう、魔性のレイク。それが三島湖ですw

 

水温は平均的に30℃台。

水位は-6.7m。前回訪問時よりも水位がさらに下がりました。

石井ボートさん

 

本日も石井ボートさんにお世話になりました。

荷物を減らす為、石井さんオリジナルデッキ付き12ftをお借りしました。

昼寝も捗るし、快適に過ごせましたYO(*‘∀‘)

釣果

 

40チョイ5本と、かわいいヤツ1本の6本でした。

またスーパービッグは出ず…

いつもの通り参考にならない立ち回りですw

 

茹で上がったシャロー

 

とにかくシャローは完全に茹で上がり、水温はどこも30度台。

こりゃどう考えても涼しいとこに居るなあ。という感じです。

 

豊英筋へGO

 

2日ほど前に来ていたという、SIMOSAKANAさんの豊英筋放流情報を確認するべく豊英筋へGO.

 

 

絶賛放流中

 

やっぱりこの日も絶賛放流中。ドバドバとかなりの量が流れ込んでおりました。

写真では伝わりにくいですが、54lbエレキMAXで上がれないほどの流入量です。

(「水位増えそう。」って思ったのですが、出穂時期による需要増によってむしろ減っております。)

 

特筆すべきはその水温で、10℃台というキンキンな水。

 

冷たい水がぶつかる場所で霧が発生。

で、やっぱりというか、魚ががっつり溜まってる。当然ながら、魚もエアコン効いたとこに集まるんですねw

ただし朝イチはおかっぱり&ボートアングラーも集結し、プレッシャーもはんぱない。

とりあえず、あとで入りなおす事にします。

AMは…

 

そのまま午前中はイマイチリズムが掴めずノーフィッシュ。

前回バズで出たので、またトップで釣りたいなあ~。って感じで投げてみたのですがノー感じ。

酸欠状態でトップに出るほど元気がない?のでしょうか。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー