キナミベイツ パームツリー入手!ファットイカと比較してみた。

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモト氏の息子である、デレックヤマモト氏主宰のルアーメーカー、キナミベイツ。

キナミベイツからリリースされている、’パームツリー’を入手しました。

ファットイカと比較するとともに、パームツリーで釣果をあげるコツをシェアします。

キナミベイツ パームツリー

青いパッケージのキナミベイツ。

’パームツリー’は、キナミベイツ版ファットイカです。

日本であまり見かけない、そそるパッケージ。

上がファットイカで、下がパームツリー。

残念ながら?中身はゲーリーと一緒w

なので比較してみましたが、まったく同じですw

キナミベイツ フラッシュ

他にもセンコーが’フラッシュ’という名前で売っていたりします。

上がセンコーで、下が’フラッシュ’。

…一応フラッシュも比較してみますが、これも同じでしたw

逆輸入の魅力

逆輸入製品ってカッコいいですよね。釣具しかり、車しかり。

タンドラ、タコマ、セコイア…USトヨタ、超カッコ良いですよね。

バス釣り業界でも、depsの奥村社長がセコイアに乗っていたり、イヨケンがタンドラに乗っていたりしますね★

 

釣具業界においても、USシマノ、USダイワでは日本で売っていないタックルがたくさんラインナップされているんですが、これも超かっこいい。

そのあまりのかっこよさに、以前の記事でUSシマノのエクセージをご紹介しました。

ゲーリーワームも、並行輸入でしか販売されていない’キナミベイツ’に惹かれるものがあります。

 

ファットイカテクニック

さて、そんなキナミベイツ’パームツリー’をご紹介したところで。

本家である、ファットイカについて、使い方の肝をシェアしてみたいと思います。

チャートを選ぼう

ファットイカのカラーは、スカートがチャートのものを選ぶとよいです。

なぜなら、本気で遠投するとかなりぶっとぶので、ナチュラル系のカラーだと自分のファットイカを見失ってしまうんですね。

対岸のカバーに大遠投するとき、飛びすぎてサミングで飛距離を調整することがあると思うんですが、これが捗ります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です