ゲーリーヤマモト モコリークロー インプレ。テキサス&ジグトレーラーの神クロー系[実釣]

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモト モコリークロー インプレ

ゲーリーヤマモト モコリークロー インプレ
 
created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥935 (2021/06/19 08:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

モコリークローのテキサスが良く釣れるので、改めてモコリークローの魅力に迫ります。

ご存知の通り、ゲーリーヤマモトからリリースされている小森嗣彦氏プロデュースのクロー系ワームです。コモリ→モコリです。

自重は約7.2g。マテリアルは当然ながら塩たっぷりのゲーリーマテリアル。コンパクトながら自重をしっかり持たせ、ベイトフィネスタックルでの使用も想定して開発されました。

“ikahime”
王道のクロー系ワームですよね。二ホンザリガニがモチーフだそうです。

モコリークロー実釣記録

 

2020年6月8日、津久井湖での一本。

 

タックルは「ライトパワーフィネス」です。

リール:’16ストラディックCI4+
ロッド:バンタム[Bantam] 267ML
ルアー:モコリークロー + BFジグEVO2.5g
ライン:PE1号 +リーダー フロロ8lb

☝︎バンタム[Bantam] 267MLのインプレッションはコチラ。

 

釣れたのは大沢ワンド入り口の岩盤。午後14:00ぐらいにここで連続HITしました。風向きがポイントでして、ワンド入り口の岩盤がちょうど風おもて(風ががっつり当たる)。ベイトやバスが溜まっているんじゃ?という見立てのもと、ジグを転がしました。

梅雨時期なので適度な濁りが入っているのですが、モコリーの高比重マテリアルが存在感を示してくれます。

多分岩盤についたゴリなどを偏食しているバス(のはず)。もちろん、他のワームでも釣れるかもしれないですが、バイト率が非常に高いワームであることは間違いないっす。

 

余談ですが、当日のコンディションです。水温は23度ぐらいですね。(GARMINは1℃程度低く表示される傾向)

まあハイシーズン、適水温ですが念の為(笑)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です