派手なPEライン直結でもバイトが減らない理由。

スポンサードリンク

亀山ダム発祥のテクニックで、流行中の「パワーフィネス」。

そんなパワーフィネス、組み合わせるPEラインの色によって釣果が変わる!?

PEラインのカラーについて考察します。

強めのスピニングタックルと、PEラインの組み合わせで、難攻不落のカバーを攻略するパワーフィネス。

パワーフィネスセッティングの際、どんなPEラインが良いのでしょうか。

 

ソルト用ライン

私はソルト用のPEラインを使用しています。

「バス専用」と謳われた製品と比較しても、ネガな部分がさほど見当らない、というのがその理由。

そしてなにより、ソルト用のPEラインはコスパがとても良いのが特徴です。

 

まずは私が使用した、「バス専用」と、「ソルト用」のPEラインをご紹介します。

サンライン バススーパーPE

 

赤鬼マークが目印の、サンライン バススーパーPE。4本撚り(ヨリ)仕様。

長年愛される、バス用の定番PEラインです。

カラーは、ナチュラルな深緑色。

ユニチカ シルバースレッドPE ショアゲーム

 

安価なソルトゲーム用PEライン。4本撚り(ヨリ)仕様。

カラーは、明るめな水色です。

安価で性能も良いので、もっぱらこちらを使用しています。

派手なPEでも大丈夫?

使用感になんらネガは無く、またコスパもよいシルバースレッド ショアゲームPE。

唯一懸念があるとすれば、派手なPEラインを使用していると、バイトが減るのではないか。という不安がありますw

その不安を取り除く理由を考えてみます。

水質

私のよく訪れるリザーバーでは適度に濁りの入った水質であることがほとんどです。

なのでクリアウォーターに比べて、派手目カラーのPEラインでもバスがラインを視認しにくいはずです。

カバーに入れるので関係ない

パワーフィネスタックルで、ネコリグやスモラバをカバーに入れることが多いと思います。

カバーフィッシングにおいては、ラインの存在感は目立ちにくいと考えています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です