メガバス オロチXXX(カイザ)が出るぞ!オロチ好き必見!

スポンサードリンク

中弾性ならではの高い耐久性、腰のある曲がりのトルクで、私のFavoriteタックルのひとつである、Megabass オロチ[orochi]  XX。

そんなオロチXXが、市場から姿を消して数ヶ月…

ついに後継モデルである、オロチXXX(カイザ)が、2017年のNEWモデルとしてリリースされます。

その詳細をシェアします。

メガバスオロチXXX(カイザ)

メガバスの、低価格帯を支える、オロチシリーズ。

先代のオロチXXは、US市場向けの、粘り腰系中弾性ロッド。

日本国内においても、逆輸入という形で販売され、2万円台半ばという買いやすい価格で、隠れた人気シリーズです。

高い耐久性、よく曲がるブランクス、トルクフルなリフトパワーを発揮する、扱いやすい名シリーズです。

そんなオロチXXですが、販売がSTOPされており、後継の発売を首を長くして待っていました。

ついに2017年、新世代オロチ、XXX(カイザ)がリリースされます。

 

※追記とお詫び

有識者の方にご指摘いただいたのですが、オロチXXX(カイザ)は、オロチ XXの後継ではなく、オロチ X4の後継ということになるそうです。

ちなみにオロチXXの後継は、Megabass レヴァンテシリーズがその役割を担っているのではないか、との事でした。

 

MegabassのHPで番手を見てみると、XXと、レヴァンテの番手に共通点が見られます。(f4 1/2 70xx(Flat-Side-Special)が受け継がれていたり

 

さらに、オロチXXは、海外通販サイト、TackleWareHouse[タックルウェアハウス]でまだ購入できるそうです。お探しの方は是非!

確認してみたところ、在庫がありました。(2017年1月12日現在)

大変失礼いたしました。

 

 

 

 

メガバスオロチXXX(カイザ)詳細★

kabt(X47-ASL Metal Fiber Blanks)

 

最大の特長は、このド派手なブランクスの、kabt’カブト’と呼ばれる形状記憶合金による、巻き。

・ASL(形状記憶合金)をマイクロファイバー(極細繊維状)に加工して束ねる
・多軸化し47度の角度でX字状に重ねる
・さらに47度に3層重ねる
 
金属繊維なのに張りだけでなく粘りがあり、なおかつ軽量で耐力に優れた多軸ブランクス。
 

という、ちょっと聞いただけでも、とても手間とコストがかけられている複雑怪奇なブランクス。

理屈抜きで、写真を見ても分かるとおり、超複雑で、超カッコイイブランクスに仕上がっています。

先代のXXには、金属繊維の補強は無く、カーボン繊維のみの多軸レイヤードだったので、この’カブト’による、新世代オロチのフィーリングが最も楽しみな部分であります。

Spiral Architect Reel Seat

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です