’16カシータスMGL インプレ。メタ二ウムMGLとキャストフィールは一緒なのか。

スポンサードリンク

’16カシータスMGLのインプレッションです。

確かに、MGLスプールがもたらすキャストフィールは極上です。

しかし、あと一歩何かが足りない感じがしました。

シマノ ’16 カシータスMGL インプレッション

シマノ '16 カシータスMGL インプレ

 

シマノ ’16カシータスMGLのインプレです。

ホントはドノーマル状態でのインプレがベストですが、うっかりmibro 3Cハンドルノブ と、ハンドルノブ4ベアリング化 を施してしまいました(*’ω’*)

それ以外はノーマルです!

’16カシータスを購入検討されている方へ向けて、どんなリールなのか、をお伝えできればと思います。

バスライズのカスタム用

シマノ '16 カシータスMGL インプレ

 

バスライズをMGL化カスタムするためのドナーとして、カシータスMGLを購入しました。同じボディなので、ブレーキユニットとスプールがまるごと移植可能なんですね。

しかし、いきなりバスライズに全移植するのも、カシータスMGLがかわいそう?なので、まずは16カシータスMGLも味わってみよう、という魂胆です。

(もしカシータスMGLが良ければそのまま使ってもいいですしw)

キャストフィールは素晴らしい

シマノ '16 カシータスMGL キャストフィール

 

カシータスMGLの飛び道具は、メタ二ウムMGLにも搭載されたMGLスプールを、1万円台で搭載している点。

確かに、そのキャストフィールについては、メタ二ウムMGLに肉薄していました

「サイレントチューン」機構が無いわりには、キャスト時に発生する音も、シュウィーン!という感じで上質ですし、飛距離もよく出ます。

カシータスMGL スプール重量

シマノ '16 カシータスMGL スプール重量
 

カシータスMGLのMGLスプール重量は、実測で12.35g

シマノ '16 メタニウムMGL スプール自重
 

実は、’16メタニウムMGLよりも軽量です。(同条件となるよう、スプールベアリングを外した状態で計測)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です