ハンドメイドルアーブランドSEED。高品位なポーク屋さんのポークを試した。

スポンサードリンク

少し前ですが、フィッシングショーの帰りに、横浜のサンスイに寄りました。

その際、ハンドメイドルアーブランドSEEDさんのポークルアー店頭販売会が実施されており、魅力的なポークに出会ったのでした。

ハンドメイドルアーブランド SEED

 
 
 
View this post on Instagram

【送料変更のお知らせ】 タイトルにある通り、次回の通販より送料、配送方法が一部変更になります。 商品合計個数が3つ以内ではレターパックライト【¥360】 4つ以上の場合はレターパック【¥510】になります。 ※スターターキット1つのみに限り、専用定形外郵便が選択出来ます。 スターターキットと他商品の混合の場合は上記の通りです。 お手数ですが宜しくお願い致します。 #SEED#handmadelurebrand#Mikypork#ミキーポーク#blackbass#ブラックバス#bassfishing#バスフィッシング#バス釣り#lurefishing#ルアーフィッシング #porklure#ポークルアー

SEED_handmadelureさん(@seed_handmadelure)がシェアした投稿 –

 

高品位なポークルアーを製造しているハンドメイドルアーブランド、SEEDさん。

インスタ:HandMadeLureBrand SEED

代表の三木氏は相模湖と芦ノ湖がホームフィールド。ジグ&ポークのスペシャリストで、ビッグバスハンティングっぷりがハンパないです。

ミキーポーク Twin Tail【ツインテイル】

 

そんなSEEDさんは、ミキーポークと呼ばれるポークブランドでポークルアーを展開しています。

私が試したのは、Twin Tailと呼ばれるモデルです。カラーはCha-goki(スカッパノン)。

ポークルアーの名作であるアンクルジョッシュを長年愛用していた経験から、その良し悪しを知った上で再構築した、というツインテイル。「ビッグダディ」がモチーフ?でしょうか。

アンクルジョッシュ生産中止に伴い、自分で作ってやろう、という気概のようなものが感じられます。

裏面のスリットや多めの脂身が特徴。

 

裏面に施されたスリットが特徴的。よく水を噛んで、移動距離を極力抑えたアプローチを可能とします。あわせて艶めかしいテールの動きを実現しています。

そして全体的にわざと多めに脂身を残してあり、かなりぷにゅぷにゅした感触。こちらは削り取って、フォール速度などをカスタム可能とするためだそうです。

お値段は2200円で3個入り、という事でした。ワームと違って非常に頑丈で、壊れにくいためコストパフォーマンスにも優れています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です