エバーグリーン クラッチヒッターインプレ。スーパーシャローランナーの資質はあるのか。

スポンサードリンク

持っているようで持っていない?SSR(スーパーシャローランナー)のクランクベイト。

そんなSSRのクランクベイト、エバーグリーンのクラッチヒッター。

霞ヶ浦で泳がせてみた感想をシェアします。

エバーグリーン クラッチヒッター

全長 5.8cm 自重 12.5g
タイプ フローティング 潜行レンジ 0~0.3m
推奨タックル Rod:ミディアムライト〜ミディアム6‘0“~7’0”ベイトロッド
Line:10〜20lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 #2,【フックアイ】 フロント:#2・リア:#2
フックサイズ 【EGトレブルマジック】 フロント:#5・リア:#6
価格 1,674円(本体価格:1,550円)

エバーグリーンのクラッチヒッター。

清水盛三氏肝いりのSSR(スーパーシャローランナー)。

水面付近を気にしつつも、トップに出切らないイケズなバスを攻略するためのクランクベイトです。

アクションは、タダ巻くだけで水面直下をブリブリと小気味良くウォンブンロール。

詳しくはエバーグリーンのHPを参照していただくとして、実際の使用感をシェアします。

巻き出しの安定感

まず使ってみて思ったのは、着水からの1巻目のレスポンスがとても良いこと。

スイムバランスが優れています。

その為ピンポイントでキャストが決まった際、その1投を無駄にしません。

水面直下をきっちりトレース

巻き方をあまり意識せずとも、きっちりと水面直下を泳いでくれます。

サーフェイスクランクとしては使えない

勝手に、レンジコントロールして水面付近を泳がせてサーフェイスクランク的にも使えるかな?と思っていたのですが、30センチくらいはきっちりと潜るので、そのような使い方は、向いてなさそうです。

「トップウォーター」ではなく、「SSR(スーパーシャローランナー)のクランクベイト」なので、当たり前ですが。

 

O.S.P ダイバジン ヘビーヒッター

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です