大注目のDSTYLE×JACKALL「レゼルブ」。その存在は、シグレとアベンタの間。

スポンサードリンク

バス釣りビッグムーブメントとして、昨年大々的に発表された、DSTYLE×ジャッカルのコラボレーション。

第1弾ルアーとして発表されたのは、「羽根モノ」である、レゼルブ。

気になるレゼルブはどんなルアー?

デカイハネモノと、ミクロなハネモノからその存在意義を考察します。

羽根モノ

 

流行ってますね、羽根モノルアー。

又の名を「クローラーベイト」。

古くからはHEDDON クレイジークローラーなど米国発祥の、由緒正しきトップウォータープラグです。

 

昨今、「羽根モノブーム」とも呼べる一大人気を誇り、各メーカーから羽根モノルアーがリリース。

プレミアム価格で取引されていたりします。

 

非常に人気のジャンルです。

DSTYLE×JACKALL

 

出典:JACKALL

昨年度のバス釣り業界の一大ニュースといえる、DSTYLE×JACKALLの共同開発。

2016年度のフィッシングショーで、ジャッカルブースに小野俊郎氏と、青木大介氏が登場し、共同開発を発表したシーンが印象的です。

人気メーカー×人気ジャンル

 

出典:DSTYLE

人気メーカーが共同で、人気ジャンルのルアーを本気で作るとどうなるのか。

その最初の答えが「レゼルブ」という訳です。

 

バス釣り業界のまさにメインストリームってわけです。

注目せずにはいられない★

(DSTYLEのHPに、すでに商品詳細が掲載されていました。)

レゼルブ

 

70mm、5gのボディに、ソフト素材の羽根を持つ、軽量級羽根モノです。

イマカツ アベンタクローラーや、レイドジャパン ダッジなど、流行の「ビッグクローラーベイト」とはせずに、絶妙なサイズ感、重量感の「軽量羽根モノ」。

この辺りは青木大介氏の、フィネス戦略が色濃く反映されている部分。

 

さらにJACKALLには、川島勉氏の「ポンパドール」が既に、スタンダード?な羽根モノとして存在しています。

そんなポンパドールとの棲み分けも考慮されているのでしょうか。

 

とにかく全く新しい存在で、そのアクションは想像がつきません。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です