ボトムアップ「ブレーバー5.7″」。シャッドテール形状比較してみた。

スポンサードリンク

川村光大郎氏の新ブランド、ボトムアップからリリースされた「ブレーバー」

わずかな水流でもアクションする、艶かしいテールを持ったストレートワームです。

シャッドテール形状を比較し、その「良アクション」の秘密に迫ります。

ボトムアップ「ブレーバー5.7″」

 

川村光大郎氏がO.S.Pを退職し、新たに立ち上げたブランド、「BOTTOM UP」

開発用の水槽設置費用をクラウドファウンディングで募り、予定額の何倍もの支援を集めたことが記憶に新しいですね。

第一弾としてリリースされたルアーは、シャッドテール付きのストレートワーム「ブレーバー5.7″」。

さっそく使用してみました。

その使用感やいかに。

比較してみた

 手元にあったストレートワームと比較してみました。

上から、
・bottom up ブレーバー
・ZBCスワンプクローラー
・o.s.pドライブカーリー
・o.s.pドライブクローラー

です。

…細くて長いのが特徴のブレーバー。

コダワリ抜いたディティール

ハチマキの前後でリブの形状が変わっています。iPhoneのカメラじゃ伝わらないっすね…

また、シャッドテール部分のくびれからちぎって普通のストレートワームとして使用することが可能。

こういった詳細については、すでにたくさん記事があるので、実際に使ってどうだったかを書いてみます。

スナッグレスネコリグに+α

川村氏の説明にもありますが、普通のストレートワームによるネコリグは、フォール中の誘いがイマイチでした。

そんなネコリグのウィークポイントを、シャッドテールによって補ってくれるブレーバー。 

釣れる要素が増える、ということですね★

実際、泳がしてみるとフォール中だけじゃなく、ワームが動いている時は常にシャッドテールが動きます。

かなりイイアクション。

 

まあ、普通のストレートワームによるネコリグでも、フォール中に釣れる事もありますw

ただ、それはたまたまバスの目の前に落ちてくれたとか、そういう事でしょう。

普通のストレートワームに無い、新しい誘いの要素がプラスされているのは間違いないです。

巻きでも使える

シャッドテールがくっついた事で、「巻き」にも使えるブレーバー。

見切られたとき、急に巻いてシャッドテール的に巻きの誘いにスイッチする事も出来ますね。

チャターのトレーラーに使ったりしても面白いと思います。

「巻きネコ」にも適していますね。

シャッドテール部分

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です