春の霞ヶ浦でおかっぱり。49cmをGET。釣れるバサー、釣れないバサーの行動の違い。

スポンサードリンク

霞ヶ浦おかっぱり釣行!

早春の霞ヶ浦でおかっぱり。49cm、48cm、40cm、ライギョが釣れました。

釣れるバサー、釣れないバサーの行動の違いをシェアします。

久しぶりの陸っぱり

最近ボート釣行メインだったので、陸っぱりはご無沙汰していました。

今回もボート釣行予定でしたが、雨+風の悪天候予報でしたので、急遽霞ヶ浦陸っぱりに変更。

春の霞ヶ浦、ランガンスタートです。

朝一イヴォーグ2.0で良型

曇天で小雨のぱらつく中スタート。

護岸に打ちつける風は冷たく、体感温度は真冬なみ。

 

巻きでサーチしていきます。

さっそく友人にHIT!

HITルアーはdeps EVOKE2.0。

49センチの良型です。カッコイイ霞ヶ浦らしい魚体に興奮。

スピナベには反応ナシ

私はスピナベを投げていましたが反応ナシ。

荒れているので、デカいEVOKE2.0にしたのと、通すコースをさまざまに変化させたら喰ってきた、とのこと。

 

反応が無くなったので移動します。

ウィンディーサイドで良型追加

その後ベイトを捕食しているであろう、爆風が打ちつけるポイントで、またまた友人が良型を追加。

これも48cmぐらいのナイスフィッシュ。

爆風ではシンカーウェイトが重要

HITルアーはDSTYLEのトルキーストレート3.8inの5gヘビダン。カラーはチャート。

爆風が吹き付ける中、5gとすこしシンカーを重たくして、操作性を上げたとのこと。

 

私は、3.5gシンカーで爆風と勝負w

ボトムがうまくとれず、苦戦していました。

 

流れ、風が強いところでは操作性やボトム感知を優先して重たいシンカーを使用する。

基本的な考えを実戦出来ていませんでした…

ワームのカラー

あとは、使っていたワームのカラー。

私はシラウオを意識して、薄めのグレーな「ナチュラルシャッド」を使っていたのですが、どうも弱すぎたかもしれません。

爆風で存在感を出す為にチャートを使っていたとのこと。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です