エバーグリーンFACTフラップクロー使ってみた。エスケープツインとの違いは?

スポンサードリンク

エバーグリーンFACTブランドからリリースされた、フラップクロー。

福島健氏肝いりのクロー系ワームです。そんなフラップクロー、どこかで見たことがあるシルエット。

しかしそこには単なる模倣ではない、福島健氏独自の意匠が盛り込まれていました。

入手しましたので特徴をシェアします。

エバーグリーン FACT フラップクロー

 

こんな事を言うと、いろいろとよろしくなさそうなので、あまりいいたくないのですが、正直、ノリーズ エスケープツインに似ています。

誰が見てもそう思うでしょう。率直な感想です。

 

少なくも、全く参考にしていない、という事は無さそうです。

もしもエスケープツインがこの世に存在していなかったとしたら。フラップクローもこの世に生まれていないだろうと思います。

福島健氏のコメント

めっちゃ似てて、良いのかな?と思っていましたが、福島健氏の口から明確に「エスケープツイン」を超えるモノを目指した、という開発段階の方向性が示されていました。

つまり、こっそり真似した、という事ではありません。

決してパクリではなく、エスケープツインに敬意を払いながら、ベンチマークにしつつ、新しいモノを生み出した結果がフラップクロー、という訳です。

良くある形

確かにエスケープツインとフラップクローは似ています。

しかし、ノリーズエスケープツインも、ZOOMのブラッシュホッグや、バークレイのパワーホッグによく似ています。

というか大きなパドルを持ったクロー系ワームとしては良くある形ですよね。 

 

そんな似てる?似ていない?物議を醸している、「フラップクロー」。

そこで、名作エスケープツインの特徴と、フラップクローの特徴を比較するとともに、フラップクローが生み出す新しい価値を考えてみます。

ノリーズ エスケープツイン

 

 発売から10年以上が経過した、由緒正しきクロー系ワーム。

名作の名高い、「釣れ釣れワーム」として長年その存在を誇示し続けてきました。

時代や流行に流されない、「真のマスターピース」と呼べるワームです。

 

ありきたりな説明ですが、最大の特徴は、大きなツメ。

このボリューミーなツメが、着底後に「ブルン」と振り下ろされ、強い水押しを発生。

リアクションバイトを誘発します。

モロい

そんなエスケープツインの特徴ですが、大きなカニツメとボディの接続部は、とても細く、正直言ってハリ持ちは悪い部類に入ります。

大抵この部分から亀裂が入り、壊れます。エスケープツインの泣き所とも言えますね。

 

しかしこのモロさが、唯一無二のアクションを生み出してもいます。

大きなツメによって重量が前方に集中している為、シェイク時や着底時に、接続部から先のツメがクネクネと大きく、艶かしく動きます。

さらに前方重心によりキャストも安定。

 

諸刃の剣のデカイカニツメ、という訳です。

フラップクロー

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー