O.S.P HPミノー。マテリアルと形状が予想の斜め上だった件。

スポンサードリンク

話題の新作、O.S.PのHPミノーを入手しました。

プリンプリンのハンドポワード系のワームのようなマテリアルと、驚きの真四角な扁平ボディ。

V字テールを持つ、リアル系シャッドテールの特徴をシェアします。

O.S.P HPミノー

 

 

 

話題の新作、O.S.PのHPミノーを入手しました。

カラーは、左がゴーストシュリンプで、右がグリパン。(友人と仲良くはんぶんこしましたw)

 

こういった小型のVシャッドテールワームは、エバーグリーンのラストエースが驚異的な釣果を発揮してくれたので、このHPミノーも間違いなく「釣れるヤツ」だろうと思い、リアクションバイトw

サイトフィッシングや、フィネスゲームで活躍してくれると思い買ってはみたものの、実はあまり前情報を仕入れていません。

O.S.Pのホームページを読んでから書くと、O.S.Pのホームページと同じことを書いてしまうのでw、O.S.Pのホームページを読まずに、触った感想を好き勝手に書いてみます。

マテリアル

一番の特徴は、ハンドポワード系ワームのようなプリンプリンの柔らかいマテリアル。

なんとも言えない、絶妙な柔らかさ。これは間違いなく、ライブリー過ぎるアクションを発揮してくれると思います。

普通のO.S.Pワームよりも、20%ぐらい柔らかいようなイメージ。

柔らかければイイ!ってもんでもないですが、「ルアーをいかにエサっぽく見せて喰わせるか」なフィネスフィッシングにおいては活躍してくれると思います。

釣れる予感しかしません。

四角い!

そしてもう一つの特徴。

それは、四角いシルエット!

薄い形を想像していたのですが、予想を裏切る扁平カット。

発生する水押しや、アクションについて、他社製品にはない特徴を持たせてきたようです。

スリット入り

大胆にも、後部が大きく裂けています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です