ベイトフィネスリールにはPEライン。シマノFTBが覚醒するセッティングとは。

スポンサードリンク

ベイトフィネスリールにPEラインをセッティングすると、性能が覚醒するよ、というお話です。

ベイトフィネスリールにはPEラインがおすすめ

 

すごく今更ですが、ベイトフィネスリールにPEラインのセッティングがとても相性が良いよ、というお話です。

ベイトフィネスリールは、通常のベイトリールと比べて、軽量で浅溝のスプールを採用していますよね。

ラインを30m〜40mの少しだけ巻いて、スプールの自重を軽くして使うことが推奨されています。

そのため、同じ号数でも線形が細いPEラインの相性がとても良いです。

フロロやナイロンよりも比重の軽いPEラインをメインラインとすることで、スプールレスポンスが向上してより軽いものが投げれるようになります。

FTBを覚醒させるPEセッティング

 

正直、アルデバランBFSに搭載された「FTB」(フィネスチューンブレーキシステム)の性能を甘く見ていました。

これまで普通にフロロカーボンライン8lbを40m程度巻いて使用していたのですが、めちゃくちゃレスポンス良い、というものではない上に、ブレーキ設定もややピーキーな感じがしていました。

これが、フロロラインのせいだったなんて.. 

シマノ ’16アルデバランBFS + よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150m

よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150m

今回、’16アルデバランBFSにセッティングしたのは、よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150mの1号を40mほど巻きつけ、リーダーをフロロ8lbを3mほど巻きつけました。

(リーダーがやや長めなのは、キャスト時のノットの抜けを良くするためです。)

 

ノットはノットアシスト2.0を使って、FGノットで結束。

よつあみのG-soul X8 UPGRADEは、各方面で評価の高いPEラインなので、ひとまずこれにしておけば間違いないと思います。

メインラインやリーダーの長さはまだ再考の余地ありですが、ひとまずこんな感じでやってみることに。

(メインラインもリーダーも、もっと短くて良い気がします。軽ければ軽いほど良いので。)

気持ちいいキャスト性能と、最後のひと伸びをGET

とにかくスプールレスポンスが圧倒的に向上しますので、ひたすら気持ちいいキャストフィールを得ることが出来ます。

また、飛距離も確実に伸びて、今まで届かなかったカバーの再奥に楽に到達してくれます。

ドライブビーバー3インチの直リグ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です