シマノ 17クロナークMGLの注意点。14クロナークCI4+下取り?

スポンサードリンク

大陸育ちの逆輸入リール、クロナークci4+。

ガッツリ巻ける深めのスプールと、アメリカ仕込みのタフネスさがウリの、シマノの異端児的存在。

そんなクロナークci4+、mglスプールを纏い、’17クロナークMgl ‘としてリニューアルします。

’14クロナークユーザーから見た、’17クロナークの価値を考えます。

’14クロナークCI4+

SHIMANO[シマノ] ’14クロナークCI4+

SHIMANO[シマノ] ’14クロナークCI4+

 

私、何を隠そう’14クロナークCI4+ユーザーであります。

Megabass オロチXXに乗せて、巻き物用のバーサタイルタックルとして使用。

ブレーキの異音が大きかったり、ブレーキ調整ハッチを落としやすいといった欠点もありますが、軽量系バーサタイルリールとして重宝しています。

そんな大陸仕込の’14クロナークCI4+が、17モデルとしてリニューアル。

’14クロナークCI4+ユーザーとしては大変気になるモデルです。

なにが変わったか、ざっくりまとめるとともに、買い替える価値はあるのか、考えてみます。

出典:SHIMANO

ナニが変わったの?

 
 

マイクロモジュールギア搭載

’13メタニウムに搭載、’14クロナークに非搭載だったマイクロモジュールギアが、’17クロナークに搭載されます。

ウルトラシルキーな巻きごこちを誇るマイクロモジュールギア。

搭載リールと非搭載リールではハッキリと差がつきますよね。

なんと、旧クロナークから価格据え置きで、搭載。

旧モデルも、充分にハイバリュー機種でしたが、MMギア搭載でさらにコストパフォーマンスが高まりました。

 

ただし従来のギアに比べ、刃こぼれなどが発生しやすく、頻繁なメンテナンスが必要だという、マイクロモジュールギア。

アメリカ育ちのタフネスバーサタイルリール、クロナークのキャラに合っているかどうかは微妙なところ。

MGLスプール搭載

 

ハイエンドモデルである’16メタニウムMGLや、エントリーモデルのカシータスMGLの目玉として搭載された、‘MGL(マグナムライト)スプール’が搭載されました。

スプール外側の側壁が肉抜き加工され、慣性モーメントの低さをウリにしたスプールです。

フィギュアスケートの選手がスピンした時に、両手を体の中心に持っていくと回転が速くなる理屈と同じですね★

 

MGLスプールの恩恵はかなりのもので、16メタニウムの回転の立ち上がり、フィールの良さは別格。

16メタニウムMGL、そしてMGLスプールの出来の良さは誰しもが認めるところです。

Xg

これまでラインナップなかった、ギア比8.1のエクストラハイギア仕様が追加になりました。

ハンドル長

Xgのみハンドル長が、48mmとなっています。他は45mm。

旧クロナークは43mmなので、少し長くなっています。

New Svs Infinity

 

新しくなったブレーキシステム、New Svs Infinityが搭載されました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です