シマノ’17コンプレックス インプレ。ストラディック比5000円増しの価値はあるのか。あったよ。

スポンサードリンク

ストラディックCI4+ベースの’17コンプレックスCI4+。

5000円ほどストラディックCI4+より高いですが、その価値はあるのか。

比較インプレをシェアします。

’16ストラディックCI4+ 2500HGSと、’17コンプレックスCI4+ C2500S F4 HGを比較してみました♬

まだガッチリ使い込んだわけじゃ無いので、参考程度にはなりますが…

「ファーストインプレッション」的な感じです(^ν^)

うわっ、ハンドル軽い。

とりあえず、’17コンプレックスのウリの1つである、「CI4+製ハンドル」。単体で持つとエアーな軽さです。

あとブランキングされたルックスもめっちゃカッコいい。

(で、何グラムだよ。って話ですよねwすいません。計測したら追記します)

スプールの「ブレ」が少ない

「リジッドサポートドラグ」機構により、スプール支持部にベアリングが追加されています。

確かにストラディックと実際に直接比較すると、スプールの横方向のブレが少なく、回転がスムーズで精緻感が増しています。

決してストラディックが悪いわけじゃないんですが、スプールを支えるベアリングが2個or0個、という差は少なからずあります。

ドラグがスムース♬

スプールの「ブレ」が抑え込まれているから、ドラグの出る、出ないのメリハリが良く、いい仕事してくれます♬

ドラグ音は、簡素な「チチチチ…」という音。ストラディックは「チンチンチン…」とちょっと金属感のある音ですね。

まあドラグ音については聴こえ方は人それぞれですが、参考までにw

ラピッドファイアドラグは慣れが必要

ドラグノブをちょっと動かしただけで、大幅な調整が出来る「ラピッドファイアドラグ」を搭載しています。

確かに、ほんのちょっとドラグノブを動かすだけでドラグ力がめっちゃ変わります。

 

体感的にはストラディックの2倍ぐらいになっている感じ。結構違うので、慣れないとキツすぎたり、緩めすぎたりしちゃう。

また、結構諸刃の剣で、微妙な調整がしにくいという欠点も。

 

ただファイト中にササッと調整したい!という場合はすごく良さげですね。

全体の雰囲気がカッコいい

デザイン、イイっすね〜。

別にストラディック嫌いじゃないですが、黒/赤の配色は組み合わせるロッドを選びます。

その点渋めなシルバー&ガンメタのソツないデザインであるコンプレックスは何にでも無難に合いますね。

まあ没個性ですが、個人的にはカッコいいと思います。

ドラグノブのデザインがクール

 

あとはドラグノブのデザイン。シンプルですごくいい。

ストラディックCI4+で唯一気に入らない点がドラグノブのデザインです。

ちょっと派手すぎるというか。

コンプレックスのドラグノブはシンプルで、「ラピッドファイアドラグ」の刻印もカッコいい。

総評

総評としては、ストラディックCI4+比で+数千円の価値は十分あります。

少なくとも「別にストラディックCI4+で良かったかなあ」とはならず、ちゃんと付加価値が感じられます。

(ストラディックCI4+も普通にめちゃ良いリールですが)

 

…あまり使い込んでない感バレバレですがw、使い込んだらまた長期インプレを執筆したいと思います♪

欠点は?

ハンドルノブベアリングも1BBから2BBになってるし、リジットサポートドラグでスプール支持部も2BBになっているので、カスタムする余地があまりない、というのが欠点?でしょうか..

ストラディックCI4+は、いずれもベアリング追加キットが販売されていて、あとからアップグレードする楽しみがあります。

それからCI4+製の軽量ハンドルも、もはや交換不要なカッコ良さですよね。

 

ただ、リールをいじらないユーザさんからすれば、最初から搭載してあったほうがいいに決まってます。

リールカスタムマニアからすると、ややいじる楽しみに欠けるリールかなあ、ってだけですw

まとめ

「バス専用機」である、’17コンプレックスCI4+。その名に恥じない満足感と性能を持った名機に仕上がっていました。

ベースモデルのストラディックCI4+が良いので、良くない事は無いだろうと思ってましたが期待以上のデキでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

使い込んでみました↓

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です