アブガルシア レボLT 良いとこ悪いとこ。

スポンサードリンク

アブガルシアのベイトフィネスリールのエントリーモデル、レボLT。

友人から譲り受け、2シーズンほど使い込んでみましたので、インプレッションをお届けしたいと思います。


 

巻き心地

アブガルシア レボLT

 

巻き心地は、普通です。良くも悪くもありません。ここは個体差もあるかもしれませんが、私のレボLTはほんの少しジャリ感があります。
ジャリ感は言い過ぎですかね。微振動がある、ぐらいでしょうか。
もともとのギヤの精度もあるでしょうし、年季が入っているからというのも理由としてありますが…
価格帯が全く違いますが、SHIMANO アルデバランなどと比べてはいけません。
アルデバランに触ったとき、あまりの巻き心地の良さに感動しました。
つまり相対的にレボLTの巻き心地は、あまり良くないということでしょう。

重量

アブガルシア レボLT

 

カタログ値で、174gですが、他社製やハイエンドモデルのベイトフィネスリールと比べると、やはり少し重めです。ロッドと合わせると、ずっしりとまでいきませんが、重さを感じます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です