RAID JAPAN AVI 50(アヴィ 50) インプレ。ムカデ的な中比重フォールがスゴイ。

スポンサードリンク

RAID JAPANの新作ワーム、AVI 50(アヴィ 50)を投げてきました。

水面に落ちた多足昆虫が、沈んでいく姿そのものでした。

RAID JAPAN AVI 50(アヴィ 50) インプレ

 

SPEC

メーカー  RAID JAPAN
type 虫・エビ系
length 50mm
Price 800円(税抜き)
カラー オレンジパンチ
推奨フック オフセット #3/0

RAID JAPANの新作ワーム、AVI50(アヴィ?アビ?)を投げてきました。

エビイミテートという事ですが、カラーの問題もあるのか、ムカデにしか見えません。

オレンジパンチ、というカラーです。

沈む虫系ワーム

 

カテゴリとしては、沈む虫系ワームの一種、という事で良さそう。

 

とはいえ、5cmという事で虫系ワームとしてはやや大き目なサイズ感。

スピニングタックルではなく、パワースピニングや、ベイトフィネスタックルでの使用を主に想定していると思います。

Lクラスのスピニングタックルで使用したい場合は、同時にリリースされたAVI35(アヴィ35)の方が良さそうですね。

 

個人的な印象を一言でまとめると、「フィネスなバックスライドワーム、虫要素アリ。」といったところです。

これまで市場にありそうでなかった感じがひしひしと伝わってきます。

適応フック

 

フックは、オフセットの3/0が推奨サイズという事で、やはりこの辺りも虫系ワームとしては大き目な印象。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です