バンタム MGL Avail 浅溝スプール インプレ 後編。~浅溝と深溝の選び方~

スポンサードリンク

バンタムMGLにAvailスプールをインストールし、キャストフィール向上計画を実施しました。

実戦投入した感想をまとめます。

また、カスタムスプールの深溝と浅溝で迷ったとき、何を基準にチョイスするべきか考察します。

バンタムMGL Avail製 浅溝スプール装着

 

さて、バンタムMGLのAvail社製マイクロキャストスプール【18BTM58RI】のインプレ記事後編です。

前編は、交換したぜ!ってだけのゴミ記事だったので、しっかりと使用感や、浅溝、深溝の選び方などを共有します。

思いのほか浅いw

 

じつは今回、とある失敗をしました。

今回インストールした深溝タイプ(【18BTM58RI】 )のラインキャパが想定していたよりも少なかったです。

 

【18BTM58RI】のラインキャパは12lb-100mで、純正スプールは12lb-130m。

これはメタニウムMGLとほぼ同じラインキャパになります。

 

分かったつもりでしたが、実際使ってみると、12lb-100mって思いのほか浅いなあ、となってしまいました。

使ってみて初めて分かる感覚ってあると思うんです。(言い訳)

 

なぜそうなったのか、理由は以下。

バンタムMGLの使用用途

 

今回カスタムしたバンタムMGLは、太め強めのMH表記のグラスコンポジットロッドに載せています。(NFC ACR73MH)

3/8oz~3ozぐらいを無理なく扱える、とても守備範囲の広い竿です。

 

もっともメインの使い方は、

・重ための巻物 RTO2.5(1/2oz)など

・大き目のトレーラーを付けたチャターベイト

1oz~2oz程度のデカ羽根モノ

などです。

 

これに20lb~25lbぐらいのナイロンラインを合わせました。

かなり太めなのは、上限の3ozクラスを躊躇なく投げれるようにするため。

 

つまり簡単に言うと、重たいルアーを快適に扱う為のヘビーバーサタイルなタックルです。

重たいルアーを扱うのに、浅溝化しちゃった

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です