バンタムMGLを[究極の巻き心地]へ誘うウォームシャフトピンの交換。

スポンサードリンク

ウォームシャフトピンとは

 

ウォームシャフトピン(クロスギアピン)とは、リールのレベルワインダーの部分に入っているピンのことです。

 

レベルワインダーというのは、ご存知の通りラインを巻き取る際に、スプールにラインが偏らないように左右に動く部分ことですね。

ここが駆動する仕組みとして、ウォームシャフト(写真)と呼ばれるパーツのX状に切られた溝に、ウォームシャフトピンが入って動作しています。

 

ここのフタを外すと、中にウォームシャフトピンが入っています。

バンタムMGLのウォームシャフトピンを高精度のKDW製に交換

 

バンタムMGL純正のピン(右)は、私の個体は樹脂製です。バンタムの初期ロットが樹脂で、現行がメタル製。

シマノがシレッと仕様変更をしているそう。これは気がつかんww

 

なのでシマノに部品注文するとメタル製のウォームシャフトピンが来るとの事。

別に樹脂だから、金属だからどう、ということはほぼ感じられないでしょうし、樹脂だからコストダウン…てこともないとは思います。

 

ただ、純正のウォームシャフトピンについては、お世辞にもあまり精度の高いシロモノではないらしいのです。

 

そこで、カケヅカデザインワークスでより精度の高い金属製ウォームシャフトピン(左)を削り出したから、付けてみてちょ。とカケヅカ社長にウォームシャフトピンを送っていただきました。

なんでも、こんな小さな部品であっても、巻き心地に対する影響が非常に大きい、とのこと。

レベルワインドパイプも同時交換

 

ついでなので、バンタムMGL用のレベルワインドパイプ(ジュラルミン削り出し)も同時交換します。(奥KDW、手前純正。)

レベルワインドパイプ、というのは、先ほどご説明したレベルワインドシャフトを包むプラスチック製の部品のことですな。

 

ほぼフルメタルなバンタムMGLですが、こういった細かい部分については樹脂製パーツが使われていたりします。

自己満足的な部分も割とありますが、どうせならより「フルメタルバンタム」を目指して、ぜひ交換したいアイテムです。

 

写真だとあまり伝わりませんが、純正のチープでプラスチッキーなレベルワインドパイプと、KDW製のジュラルミン削り出しレベルワインドパイプとでは、天と地ほどの質感の差があります。

 

 

そして、単にドレスアップのみならず、パイプ終端部にベアリングを装着する仕様となっております。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー