【DRT VARIAL】WORKING CLASS ZERO x DRT FLAT KNOB インプレ。巨大な平ノブはパワーゲームに最適。

スポンサードリンク

WORKING CLASS ZERO x DRT FLAT KNOB

WORKING CLASS ZERO x DRT FLAT KNOB
 

WORKING CLASS ZERO x DRT FLAT KNOBが着弾しましたので、装着サンプルです。

バリアルハンドル 117mmに装着しました。

WORKING CLASS ZEROとは


WORKING CLASS ZEROは、アメリカの何やらやばい釣り集団…というイメージです。

アパレル、ルアーなどを販売するECサイトがめちゃくちゃかっこいいので要チェックですな。

 

アンテナの高い日本の釣具屋さんによって正規輸入され、国内販売もされているみたいですね。

楽天などで製品を購入することが出来ます。

Tシャツ。

怪しげなスイムベイトや..

キャップなども販売しているようです。

ディティール

J-KNOBとの比較

 

バリアルハンドル 117mmに標準装備されていた、J-KNOB(FAT)と呼ばれるノブと比較です。

ちなみに両者には互換性があり、そのまま装着可能です。

 

ハンドルノブキャップは、MK-1 ホイールナットと呼ばれるノブキャップですね。こちらもバリアルハンドル 117mmに標準装備されていた物をそのまま使用しています。

取り付けが簡単

 

取り付けがとても簡単なのも魅力の一つですね。まず、ハンドルに付属するレンチでノブキャップを外します。

 

ノブキャップを外したら、スポッとハンドルノブを抜き取って交換するだけです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です