シマノ ’19 SLX MGLのベアリング交換方法。[かっ飛びチューニングキット]

スポンサードリンク

シマノ SLX MGLのスプールベアリング交換方法です。

シマノ ’19SLX MGL スプールベアリング交換

 

シマノ ’19SLX MGLのスプールベアリングを交換していきます。

買ったけど装着するのを忘れていた、かっ飛びチューニングキットZRベアリングの装着手順を丁寧に書いてみました。

交換するベアリングは、サイドカバープレートとメカニカルブレーキノブの中にあります。

用意するもの

 

用意したのは、かっ飛びチューニングキットの中でもっとも安価なZRベアリング

それと、ベアリングストッパーリングを取り外すための精密マイナスドライバーだけです。

スプールを外しておこう

 

作業前に、スプールをリール本体から取り外しておくとスムーズです。

 

SLX MGLは、サイドカバープレートが落ちない仕様となっていますので、少しやりにくいですが、このままの状態で作業します。

サイドカバープレートのベアリング交換方法

 

まず、5角形のベアリングストッパーリングを外します。

写真のように、ストッパーリングの切れ端部分に近いところへマイナスドライバーを当て、内側に押してから、すくい上げるようにすると外れます。

 

その際、リングが吹き飛ばないように、指で押さえておくと良いでしょう。

もし紛失してしまっても、予備のベアリングストッパーリングが販売されているので安心です。

ジップロックの中で作業するのも良いですね!

純正ベアリングを取り外す

 

ストッパーリングが外れたら、純正ベアリングを取り外しましょう。

ハンドルノブキャップリムーバーがあると便利です。

交換用ベアリングを取り付け

 

交換用のベアリングを取り付けます。取り付け方法は、純正ベアリングが入っていたところに押し込んでいくだけです。

 

今回購入したZRベアリングは、片側がボールむき出しの「オープンシールドタイプ」と呼ばれるベアリングになります。

オープンシールドタイプベアリングの向きは、オープンしている方を見える方にする、というのが基本ルールです。

注油などのメンテナンスをしやすくするためです。

ベアリングストッパーリングを戻す

 

ベアリングストッパーリングを戻しましょう。

途中まで指で入れて、最後にマイナスドライバーで押し込んであげると、割とスムーズに装着ができます。

ちゃんとストッパーリングがはまっている事を確認し、サイドカバープレート側の作業完了です。

メカニカルブレーキノブ側のベアリング交換

 

続いて、メカニカルブレーキノブ側のベアリングを交換していきましょう。

メカニカルブレーキノブを外す

 

まずは、メカニカルブレーキノブを外します。

すると純正ベアリングが見えました。

ベアリングストッパーリングを外す

 

あとは、サイドカバープレート側と同様の作業手順となります。

5角形のベアリングストッパーリングを外します。

純正ベアリングを取り外す

 

純正ベアリングを取り外しましょう。こちらも、ハンドルノブキャップリムーバーがあると便利ですぞ。

交換用ベアリングを装着する

 

交換用ベアリングを装着しましょう。純正ベアリングと同様に、はめ込んでいくだけです。

ベアリングの向きは、オープン側が外側に見えるようにしましょう。

ベアリングストッパーリングを戻す

 

ベアリングストッパーリングを戻しましょう。

ストッパーリングの切れ目の部分からはめて、指の腹で優しくストッパーリングを縮めるように上から押さえると、すっと溝に入ります。

もしハマらなければ、ベアリングの位置が正しくない可能性がありますので、もう一度ベアリングを最後まで押し込んでみてください。

交換完了

ベアリングとベアリングストッパーリングが正常に取り付けられている事を確認しましょう。

メカニカルブレーキノブ、スプール、サイドカバープレートを戻す

メカニカルブレーキノブ、スプール、サイドカバープレートを元に戻します。

以上でSLX MGLのベアリング交換は完了です。

 

オープンシールド型のベアリングがメカメカしくてかっこいいですね!

回転性能も、オープンシールド型の方が優れています。

まとめ

以上、SLX MGLのベアリング交換方法でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です