ブリモ ハンドルノブ Sanctus brave350 [花梨][コルク] インプレ。

スポンサードリンク

brimo[ブリモ]社のハンドルノブ、Sanctus brave350の花梨とコルクが着弾しました。

早速現場で使用感や質感をチェックしてきました。

安かろう悪かろうではない、上質なハンドルノブでしたよ。

’19アンタレスにSanctus brave350 sandy (圧縮コルク)を装着

 

まずはコルクノブを’19アンタレスに装着。ハンドルは純正品。

 

コルクノブは、圧縮コルクのsandyと、天然コルクのnaturalの2種類。

個人的に圧縮コルクが好きなのと、夢屋コルクノブの圧縮コルクと比較してみたかったので、sandyをチョイス。
どうでしょうか、なかなかカッコイイじゃないですか。

’19アンタレスに似合っているかどうかはさておき、19アンタレスに負けない質感を持っていると思いました。

夢屋コルクノブとの比較

 

ちなみに、夢屋ノブはこんな感じでした。

 

 

夢屋はお高いですが、なんだかんだカッコイイし、気持ちいい使用感なのは間違いないです。

 

コルクの質は、夢屋がつるつる系、brimoはややざらざらした感触。

あえてこういうフィニッシュにしているのか、それともコルクのランクによって変わってくるのか。

正直、コルクのグレードとか質が分からないので、なんとも言えないところが歯がゆいのですが。

 

とはいえ、デザインの違いはあれど、夢屋ノブに十分に戦える品質感は持っています。

夢屋よりもイイ、というほどではありませんが、同等の感じは得られる。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です